K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/08/12   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
      2017/08/06   アジ 新山下 広島屋
2017/07/22
アジ 新山下 広島屋
7月22日(土)、定宿、新山下の広島屋からアジに出撃してきました。

その後の久里浜は、アカムツは月曜日に爆ってましたが何故かその一日だけで、連日至って低調、イサキもここんとこマルアジが相当ウルサくて仕掛けの消耗も激しいとのこと。なんだかやるもんねぇな〜って言ってたら、じゃぁ普通にアジ釣ってくれば?とかみさんの意表を突くアドバイス。なるほどなるほどそうだよね、忘れてたよ、広島屋さんもご無沙汰だし、久々旨いアジ食いたいしアジ釣って来るわ。



オモテ側に入りたかったので6時前に到着しましたがダメ。左舷は常連Cさん用に竿立ってるし、右舷は2本竿立ってて入れません。真ん中でもいいんだけど、人数判んないんでとりあえず右舷トモに荷物を下ろしたましたよ。ちなみにマコちゃん船でトモ入って良かった試しが無いのよね。この時点ですでに釣れる気しねぇだよ。

左舷に入られたお二人連れのお客さん、ビシが手編みっぽいのでお話聞いたら、ナント、拙ブログをご覧頂いて、ご自分でビシ編んでみてくださったそうで、ウレシイ話ですねぇ。だったらと、私の予備ビシ(新品)お見せしたら是非!とのことでウン千万円でお譲りしました。これも何かの縁でしょうかね。



今日はシロギス船が片舷6名となかなか盛況、本船は左舷4名、右舷3名の7名で確定、普段支度の手伝いだけで船乗らないN村さんが、シロギス船に乗船の某さんにおかず頼まれて私の隣、右舷胴の間で今日は釣りやるそうで・・・。準備も整い定刻を少し回った8時5分、シロギス船、本船の順で出船。横浜ベイブリッジを潜って、今日はいきなり本牧まで行くって。数日前まで中でも食ってたんだけど水が悪くなって模様が良くないそうです。案の定、イマイチ感ムンムンですねぇ。



潮はまっ茶色。大潮の初日で干潮が10時頃、その後、ずっと夕方まで上げ潮の予報。下げ潮残りで朝から少し食ってくれればいいんですが。南西の弱風で海上は凪、潮周り大きくて濁り潮、アジには鉄板の条件なんですが、水温が27度超えて、ちょっと高過ぎなのがどうなのか?案外こういう日って日中は際しか食わないとか日陰しか食わないとか苦戦する日がありますよね。今日はどうでしょうか?ぜんぜん読めません。





本牧のドックんとこでスローダウン。船を際に寄せて壁に舳先を擦るような操船で、8時23分、はいいいよ〜、開始のアナウンス。際が急坂になってて下ろすと17mなんですが、16〜21mくらいまで下ろす度にコロコロ水深が変わってメッチャ釣り難い。1投目で左舷で型が出たそうで、ポッツンポッツン周りの皆さんもアタリ出始めましたが、こうなると私の釣り座が最悪で、船がケツ振るもんだから位置が安定せずコマセ振ってタナ切った時点ですでにタナボケ状態。お〜い!アタンねぇよ〜!あまりに自分一人アタリ出ないんで変な汗出るわ。



開始1時間、大苦戦でやっと8匹。オレ何やってんのよ!!良いお客さんはもう20超えてんじゃないかな?その後、アタリが続いたり途切れたりの繰り返しで掴みどころの無い展開。ようやく開始2時間で35尾。人様並みにアタリ出るようになりましたが、左舷はまだ際に近いのでそれほどでも無いんでしょうけど、自席右舷トモは位置が安定せず、どうしても際から離れちゃうのでやっぱどう考えても難易度高。船長心配して小峰さん当たる?って。ボチボチ当たるけどかなりイマイチだよ。型は18〜20cm主体に写真のような25cm級の極上品も出てモノは良いです。



10時半過ぎると潮の具合か?アタリが遠くなって急ブレーキ。たま〜にモタレて食い込まないアタリがあるんで、明らかに居るけど食い渋ってる状態。一旦回収指示、10時45分、際から少し下がった場所にアンカー投入。これで上げ潮待ちですね。水深17〜20m、マメにタナ取り直しますが基本置き竿釣法。風裏でクソ暑かったんですが、少し際から離れてくれたおかげで風通し良く極楽極楽。しばらく辛抱の時間が続きましたが11時半、久々の1尾。ちょうど1時間、間が空いちゃったよ。それからポッツンポッツンと来てお昼でちょうど40尾。

アタリはそこそこ出始めたんですが、今日はバレが多くてイカン。途中5連続巻き上げバラシもあり、しょーもねぇ。仕掛けチェックすると大丈夫、なんなんだよ!!13時、56尾とおかず的にはもう十分なんですが、釣り的に今日はまったくハマりません。終始納得いかない状況のまま14時40分、あと10分で上がろうか?と船長。食わねぇし暑いし、上がろう上がろう!!最後の1時間、これからって時にアタリ遠くなっちゃって結果64尾止まり。バラシが20発以上はあったかな。みなさんおかず十分、定刻より10分ほど早めに撤収!



本日の釣果、マアジ 64尾(18〜25cm、18〜20cm主体に24、5cm絡みが5、6尾?)、小サバ、シコイワシ少々。全体釣果は不明。皆さんかなり釣られていたようなので、私の釣果はたぶんスソに近いと思います。釣果はこれでも十分なんですが、釣技的にまったくハマらない一日でした。途中で船長にコマセ出し過ぎかもって指導を頂いたんですが、ここんとこあんま撒くとアタリ出難い傾向だそうです。アジも夏バテで食欲不振なのかな?



当日、小さい方から刺身。脂スンゲェ。久々の横浜アジ、やっぱコレだよねぇ。



シコイワシと小サバの唐揚げ、塩振ってこれだけでイイ肴になりますよ。



アジのヅケ丼。翌朝はお約束のコレ。魚は極上品ですし余計な説明は不要でしょう。



アジの冷やし素麺。ヅケが中途半端に余ったんで、かみさんは素麺にしてました。薬味が好きなんで新生姜、ミョウガ、大葉、小ネギなどたっぷり乗せて、つゆはこれから掛けます。



アジのカルパッチョ。朝ヅケで醤油味だったんで、夜はコレですね。



アジの握り寿司。月曜の朝からスミマセン。旨いに決まってるでしょ。



アジのカルパッチョ−その2。ジェノベーゼソースをマヨネーズと混ぜて、白ワインビネガー、白ワインで割って、岩塩を振ったアジにドバドバ〜。最後に乾燥バジルとピンクペッパーで仕上げ。アジの脂に酸味が相性良くこれまたマイウ〜。



アジのカルパッチョ−その3。塩・コショウ振った上から焦がしニンニクオイルでジュ〜!仕上げに乾燥パセリで青みつけ。お魚を選ばないシンプル定番カルパッチョ。



アジの梅紫蘇天ぷら。梅肉塗って大葉で巻いて天ぷら。ウチでは昔からの定番メニュー。先週シロムツでフライやったんで今週は天ぷら。ちなみにお皿の右奥は枝豆と桜えびと玉ねぎの掻き揚げ。



アジの炊き込みご飯。以前はよくやったんですが、久し振りにやりましたねぇ。下して皮剥いたアジにお酒振ってレンジでチン。骨を取り除いてから出汁で炊き込み。枝豆が大量にあったみたいで、こちらにも混ざってますね。臭みゼロでちゃんとアジの味が引き立ってウンマイのよ。

- Topics Board -