K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/04/08   アジ 新山下 広島屋
      2017/03/25   アジ 新山下 広島屋
2017/03/18
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
3月18日(土)、定宿、久里浜港は五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

今週は釣友と予定合わず単独出撃。翌日、日曜日には別の趣味の方の師匠宅にご訪問予定で、最低でもアジは持参しますと宣言。予約時に船長と打ち合わせ、まずはアジ確保でお願いします!分かったアジ欲しいのね?いつもの細かいのでいいのか?あのサイズ美味しいからアレでいいです!!航路のポイントでそろそろハナダイ探ってみようか?って話もあるので、アジ確保後、ハナダイにも対応できるよう道具は2本立てでの出撃です。

いつもの時間に到着すると別船マダイ乗合はそこそこの賑わいながら、ウィリー五目の本船はナント、常連Kさんと私の2名だけ。船出してもらうの申し訳ない人数ですが、船長、よろしくお願いします!!その場その場でアナウンスされる時もあるんですが、移動中、どっちに向かってるかで何狙うかだいたい見当がつくので、即座に対応できるよう最初からアジ五目用とハナダイ用の2種類の竿をセットして準備万端。海は凪だし後はお魚のご機嫌次第、さぁ、頼みまっせ〜!



少し早めに離岸して定刻7時まで港口で待機。当久里浜港ではマダイ、ウィリーなどのコマセ船は7時、タチウオ、ムツなどは7時15分と出船時間が決まっているようです。写真、船縁の穴に立てているのがハナダイ用の硬い竿。横に準備しているのは穂先が柔らかく、魚が掛かると胴から曲がる柔らかめの竿です。浅場のアジシャクリなどにはこんな竿の方が食い込みよくバラシも少なく使いやすいです。後はその時々のターゲットによってシャクリ方で調整、コレがウィリーシャクリの奥深さ!!






さて定刻7時、いざ出船。だいぶ朝が早くなりましたねぇ。海上ほぼ無風で晴れ、後半南風そよそよの予報で穏やかな春の陽気となりそうです。最初、メバルの根に寄るのか聞いてみたら寄らない、やっても帰りかな?って話でしたが、一応、どっちに向かってるかで着ける仕掛けを選択しようと思ったら、どうやら東電防波堤を回りそうなので、2号のアジ用ウィリー仕掛けを着けました。ちなみに完全メバル狙いならハリス細めの1.5号で針は逆に大きめの仕掛けを使います。



航程8分、到着したのはアジの鉄板ポイント、久里浜の少し下手の水深23、4m。魚探で丁寧に反応を探しながら旋回すること7時13分、位置取りが決まって投入開始。中潮の最終日で満潮が7時半頃、その後、最後までダラ下げといった潮予報。この時間、少し上げ残りの潮がありますが、ほとんど止まっている状態。何度か入れ替えるも生体反応ナッシング。Kさんと顔合せて何にもアタリませんねぇ。入れ替えども入れ替えどもアジが回って来ません。船長、反応出てるのかな?釣りって約束したり頼まれたりすると釣れないってジンクスがあるんですが、朝からヤバイぞ〜!!

40分くらいやって、ダメだこりゃ!8時前、少し上手の沖目で第二戦。水深ちょっと深くて47m。ここも最初ナッシングで冷や汗出そうだったんですが、入れ替え続けること15分、ようやくアジ様のアタリ到来。そんな活性高い感じではないんですが、トリプル交じりで小振りの美味しいサイズが顔出し始めてホッ。釣り的にはけっこうムズイです。毎回簡単にアタリ出るわけではなく、上手いこと魚の居る筋に仕掛けが入ってタナ取りは5m前後で小さいアタリが出たら追い食いを待って、食わなければ単発で回収。1時間でナントカ18尾確保。

その後、下げ潮が速くなると再び生体反応ナッシング!!キビシイなぁ。数回近辺を回り直しましたが相変わらず無言の海中。平場じゃ食わないと見た船長、10時頃、水深37〜45mの凸凹、スゴイ根の中に仕掛けを投入。すると小型のオキメバル交じりでアジが顔出し始めましたよ。根がスゴイので入れる度に水深はまちまち。根掛かりも多く仕掛けけっこう使います。あえて根の上の方まで、底から7、8mまでシャクるとトトン!ときてクイッと入る懐かしいアタリ。案の定、上がってきたのはイシダイの幼魚、シマッコロ君。これは嬉しいゲスト。アジ釣りながら4枚釣れましたよ。



午後から一度、朝の23mに戻ってみたんですが、今日はお魚お留守。まさかアジの鉄板ポイントでまったくアタらないとは想定外。10分くらいやって見切りをつけると上手の33mに移動。ここでやはり細かめですがアジがポツポツ出てくれて数的にはもう十分か。終盤、アジにヒラメがウバ食い。アジが1尾着いたんで追い食いを待ってたら、グッと重みが乗って押したり引いたりその場で一進一退、何時まで経っても持ち込まないので、少しテンション掛けて食い込みを促そうとしたらスポン!!餌ごとバイナラ、あぁ残念。最後、サメに引っ手繰られ仕掛け瞬殺でロストし、そろそろお片付けもモード。14時前に畳んで帰港となりました。いや〜、お魚ご機嫌悪く大苦戦しましたが、おかげさまでナントカ形になりましたよ〜。



【本日の釣果】
マアジ 66尾 15〜23cm 、シマッコロ(イシダイの幼魚)4枚 19.5〜21cm、メバル 1尾 18cm、オキメバル(トゴットメバルの幼魚)5尾だけキープ 14〜16cm、サクラダイ 4尾でした。その他、ウミタナゴ、スズメダイなど多数。

【船宿HPコメント】
久里浜沖20〜45m、水温=13,0℃、水色=澄み気味
18 〜 31 cm ・ 65 〜 76 尾
アジ・メバル・イシダイ(シマシマちゃん)・ショウサイフグ
竿 頭 = 港北区 ・ 小峰俊之氏
*今日も小〜中のアジは釣れましたが、他のゲストはマルっきりでした。今日は沖のポイントはパスして、東電前の何ヶ所かで粘って見ましたが、水が良くなって明るくなったせいでしょうか、喰いはイマイチでした。仕掛けは3号まで用意して戴いて、ゆ〜っくりシャクって戴くと・・・

- Topics Board -