K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/05/20   ムギイカ 大津港 小川丸
      2017/05/07   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2017/04/16
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
4月16日(日)、定宿、久里浜港は五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

今週は釣友と二人で出撃。3月の終わりから4月に掛けて、週末のお天気周りがダメで毎週シケか雨かまたはその両方。なかなか外海での釣りができなかったのですが、今週も土曜日は南西強風シケ、1日我慢してようやくこの日曜日、風も収まって待望のおハナちゃんの偵察に出掛けることができました。とは言ってもシケ後は食った試しがないんだけど・・・。

今年はちょっと遅れ気味なのかな?先週、4月10日(月)に今年初めて型が出て、常連さんがツ抜け(2桁釣果)と期待したものの、その後、荒天で船出なかったり、出ても魚の食い気が上がらず、トップ3枚程度の低調なシーズン開幕となりました。反応はあるようなので、水温がまだ14、5度だから、もうちょっと上がると魚も活性上がってくるのかな?ってところ。まぁ、なんとか今年初物のお顔を拝めれば良しとしましょう。



4月からマダイ船が6時出船のため、この時間本船1隻のみ、マダイ乗合がけっこう人数多かったようで、こちらに移動されたお客さんも数名いらっしゃる様子、今日はマダイ9名、五目9名と盛況です。前日強風で足止め喰らって、週末釣り師は今日一日のチャンスですから無理もありません。我々電車組みが最後に乗船しましたが右舷ミヨシ2席空けておいてくださり、前から私、釣友の順に入らせて頂きました。



定刻7時、浦賀水道航路のポイントに一直線、航程12分でスローダウン、位置取りを調整して7時16分、開始のアナウンスが出ました。水深47、8m、風も収まってくれて南の微風、海上は若干ウネリ残りはあるものの良い凪です。水色は良く釣れそうな潮なんですが・・・現実はキビシく、開始いきなり修行モード。ナンモアタンネ。気配もチップも生体反応ナッシング。ですが、こんなことハナダイ釣りではいつものこと、スイッチ入れば短時間でバタバタバタなんですが・・・。潮は中潮最終日、朝から下げ潮で帰り間際に底りの予報。



開始30分超、7時50分に胴の間Nさんに船中初アタリも途中でハズレ。食いが浅いのか!?流石、ニ連荘でヒットさせて辛くも船中初物ゲット。その直後、隣の釣友にヒット、コレは本物の引きでしょう。下げ潮トロトロで私の方が潮先のはずなんだけど!?



少々小振りですが、ウレシイ初物が上がりました。その後、Nさんにアタリが続きイラ、ハタなど高級外道、本命らしきアタリは尽くバラシに終わり、アタる人でもこれですからナンもアタンない私はどうすんのよ!?釣友にチップがあったり、左舷でもようやく型が出始めましたが、忘れた頃どこかでポツ〜ンって感じで、居るには居るんでしょうけどまったく活性上がらず。



みなさんダメだダメだと言いながら修行のシャクリは続きます。次第にNさんや釣友にもまったく気配無くなり、私は開始から今までアタリゼロの修行僧。釣友がオキアミ餌の置き竿釣法でウマヅラを2枚ゲット!ウッ、ウマラヤしい。今日は25度超える夏日の予報で、この時間、上のカッパ脱いでシャツ1枚でちょうど良し。つい2、3週間前、真冬の装備だったのがいきなりコレですから、この季節の変わり目、その日の天候に柔軟に合わせた装備が必要です。



10時半を回った頃、回収のアナウンス。いったんハナダイは諦めて金谷寄りのアジ場に移動、10時45分、水深58mで再開。最初の10分、気配が無かったのですが、11時、ようやくアジ様のアタリ。いや〜今日初めての生体反応。上がったの中羽のなかなかの品物。その後、アタリが途切れて、えぇ!?アジにも見放されたか?一回、回収して位置取りを微調整すると、ちょっと型は小振りですが、アタリ出始めましたよ。20cm前後主体にたまに27cm級が交じります。タナは3、4mと低めで入れ食いには程遠い食いでしたが、ちょうど1時間、11時45分までやって12尾だけ確保。

再び航路に戻ってハナダイシャクリ再開。すると!?12時と05分、ナント私におハナちゃんのアタリ到来。瞬間的に電動ジョグアワセを決めて手巻きに入ります。あんまデカくないなぁ、と言いながらも初物とのやり取りにドキドキ。ビシを取ると海面にオレンジの魚影が浮かんで針掛かりを確認、サッと抜き上げたのは28cmのハナダイ。初めてのアタリで1枚ゲット、やっと顔見れましたよ〜!1枚見ると見ないじゃ大違いだもんね。その後、2、3回スレアタリが出たんですが針掛かりせず、居るけど口使わないようです。

13時、最後の1時間は港近くの33m立ち、ここはアジの定番ポイント、入れ替えているうちに上めのタナで食いだしました。5〜7mかな?20cmちょいの美味しいサイズです。すると左舷ミヨシの常連Iさんにヒラメがヒット。私の玉網に収まったのは1Kgちょいの美味しいサイズ。私もアジ掛かったらそのまま放置してウバ食いを待ちますが、狙うと食わない!待ってるうちに餌のアジが居なくなったりと思い通りには行かず、ちょうどアジが20尾となったところ14時で納竿、14時5分、船長から撤収のアナウンスとなりました。結局ハナダイは2枚が2名、1枚が5名、0枚が2名と船中9名で9枚と低調に終わりましたが、まだシーズンはこれから、また頑張りましょう!!



【本日の釣果】
ハナダイ 1枚 28cm、イラ 1枚 36.5cm(Nさんからの頂き物)、マアジ 20尾 19〜27cm。しっかし、当たらないシャクリは疲れますわ。

【船長コメント】
久里浜沖30〜55m、水温=15,0℃、水色=薄濁り
ハナダイ = 28 〜 32 cm ・ 0 〜 2 枚
ハナダイは2枚が2名、他にヒラメ(50cm)・マハタ・ホウボウ・アジ・ウマヅラ
竿頭 = 立川市・A氏 & 横須賀市・N氏
* 早い時間帯に、ポッツリ・ポッツリでしたがアタリが出て何枚か釣れたんですが、その後はアタリが途切れたと云うよりも、毛先をかじる様な微妙なアタリ方になってしまいました。イマイチご機嫌斜めで、口を使ってくれませんでした。 途中で移動して、戻って3枚ばかり釣れて、アタリが途切れて、帰りに港前のポイントに寄り道をしたら、ヒラメちゃんがまだ居ましたよっ・・・アジも釣れて良いお土産になりました。



ハナダイの炙り刺身
当日、炙ってみましたが、まだあんま脂無いです。でもまぁ、新鮮なハナダイなんで旨いですよ。



イラの兜煮
これがとにかくウンマイ。臭み嫌みゼロ、身もふっくら柔らかく、顔の皮もコラーゲンたっぷり、美味しく食べられます。イラはイラねぇ!?ベラ系で見た目で嫌われがちですがかなり旨いっす!!



アジのヅケ丼
翌朝はお決まりのコレ。ハフハフ、ワシワシ、あぁ満足満足!



イラの炙り刺身
イラは何度か釣ったことがあって、旨いのは知っていたんですが、皮付きで炙るのは釣友のオススメ。皮が厚めで硬めなので、炙りも長めで皮岸までしっかり火を通したらなるほど!コレは旨い!身質はしっかりしていて硬めなんですが食感モチモチ、皮がさらに歯応え増して、脂けっこう乗ってますね〜。今回はハナダイに勝っちゃったかな!?かみさん曰く、コレならもうちょっと薄く切ってもよかったかな?ですって。

- Topics Board -