K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2020/01/19   マダイ 久里浜港 五郎丸
      2020/01/13   マダイ 久里浜港 五郎丸
2019/12/21
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
12月21日(土)、定宿、久里浜港の五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

先週はマダイ船に浮気して、たまにやった割にはまずまずの釣果。本命はもとよりイシダイが確保できたのが大きかった。一方、W五目はやる度にもうハナダイは終わりでしょと言いつつ、潮の状態がいい日にはトップでツ抜けしたりと魚は小振り主体になったものの、まだ居るには居るようです。そして今年アタリ年と言ってもいいのがクロダイ。特に冬場のクロダイは寒クロと言って脂の乗りも抜群で裏本命。先日のもお腹ラードギッシリでスゴかった。なんとか1枚ゲットできるかどうかシャクって来ましょう!



釣友と二人、いつもの時間に到着するとまだ薄暗い港。明日が冬至らしいので、この時間まだ夜明け前なんでしょうね。確かこれから1月にかけてまだ朝が遅くなるんだと思います。本船はお客様5名で右舷ミヨシから私、釣友、常連Tさん。左舷は常連NさんとKさんの2名。お隣、マダイ船は6名様で右舷ミヨシからT達人、Iさん、Tさんら殆どが常連さんですかね。デジカメ自動モードにしてたらシャッターが光りました。今年初めてですわ。



7時前、マダイ船に続いて本船も離岸。港前でスパンカ揚げると定刻7時を迎えいざ発進。追い風でいつもより若干早く現場に着くと減速して、位置取りを微調整。7時18分、開始のアナウンス。北の風やや強く薄曇り。長潮で朝から上げ潮、満潮が12時40分頃の予報。水深37m前後、上げ潮がすでに動いていて、潮と風が逆なので海上は多少バタバタ。風を右舷に当てて船を止めると斜めになってけっこう激しくローリング。水色は上は澄んでますが、下の方はどうかな?



開始1投目でお隣釣友が良型カウハギゲット、続いてトモのTさんにハナダイ。おっ!これはモーニングサービスか!?と思って真面目にシャクリますが自分には生体反応ナッシング。たまにフグにちょっかい出されながら、開始30分、ようやく初のアタリで25cm級の小振りハナダイゲット。これが案の定、単発でアタリが続かない。周りのお客さんもアタっても単発なので、活性良くないっすねぇ。カワハギが顔出したり、フグも邪魔するので底もそんな悪い感じじゃないんですが、ここんとこ下げ潮で活性上がるみたい、今日は午後まで上げ潮なんでダメか?



沖に見える船団はタチウオなのかな?場所的にかなり深い場所ですよね、160〜180mとか?8時半、イナダに一発切られて、周りでもバタバタっとイナダがヒット。ハリス一段太い仕掛けに換えると、いきなり食ったのはカイワリ。続いて22cmの小振りハナダイと、イナダ狙ってハリス太くしたら他の魚が釣れちゃうという、何やってんだかよく分かんない展開。しばらく入れ替えてるとまたイナダが回って来てバタバタっと、今度は仕掛け切れないから強引に巻き上げて全部抜き上げ。



最初、お土産に3、4本釣れればと思いましたが、その後、アタるのはイナダばっかでツ抜けしそうな勢い。自分7本だけキープして、その後は周りの皆さんにお裾分け。一応、要るかどうか訊いてから引き受けてもらってますよ。船中、忘れた頃にハナダイが出たり、クロダイが出たりと、活性低いながらも我慢してると何かしらアタリは出てますが、自分、潮先なのもあるのかな、アタるのは如何せんイナダばっか。風ビュービュー10m超えてきて聞いてねぇよって感じ。



左舷ミヨシのNさんと釣友にクロダイがポツポツと今日は時合いっぽく纏まってはアタリ出ないです。11時15分、久しぶりにこりゃイナダじゃないぞ!というアタリが来て、ようやく裏本命のクロダイちゃん確保成功で私も仲間入り。37cm級でまずまず食べ頃サイズですか。この型だったら2、3枚あってもいいんですが今日の食いじゃなかなかキビシイよ。今年のクロダイはハナダイのタナでウィリーシャクリに食ってくるんですが、今日は活性低いので付け餌シャクリが優勢かも。いい日にはクロだけでツ抜けしちゃうほど食うのにねぇ。



しばらく我慢も、自分は相変わらずイナダ専門業者。ナント14本も釣ってしまいました。切れたのが3発くらい、ハズれたのが3発くらいあったので、たぶん20発くらいはアテてるものと思います。13時頃、期待した下げっ端、左舷Nさんと釣友に2枚目のクロダイが上がりましたが一瞬だけ。潮変わって自分は潮ケツのせいもあるのか気配もナンモ出ず。下げ潮が本気で流れてくるとフグが居なくなりましたが、期待に反して魚のアタリ自体なんも無くなっちゃった。14時10分までやってくださいましたが、結局そのままお片付けとなりました。



【本日の釣果】
ハナダイ2枚(25、22cm)、クロダイ1枚(37cm/790g)、カイワリ1枚(22cm)、イナダ14本(7本お裾分け7本持ち帰り、46〜42cm)、以上。

【船宿釣果情報】
下浦沖37m前後、水温=16.0℃、水色=澄み
ハ ナ ダ イ = 21 〜 34 cm ・ 2 〜 3 枚
船中12枚、外道にクロダイ=37〜49cm・0〜2枚、他にイナダ・3〜14本とカイワリ・カワハギ・ウマヅラ
竿 頭 = 調布市 K 氏 & 相模原市 T 氏

開始早々にカワハギが釣れて、直後にハナちゃんも顔を出してくれましたが、やはり上げ潮の間は活性が低くてアタリは単発・・・お昼過ぎからの下げ潮に期待したんですが、今日は一日を通して活性が上がらず、昨日はズ〜っと反応が出ていましたが、今日は反応が出たり消えたりで切れ切れでした。 前半は底の方でフグの元気が良くて、プッツンプッツンと針を盗られて、イナダがチョコチョコとアタって、珍しく久々にカイワリが顔を出してくれたり、昨日とは何かが違う状況だったので、ハナちゃんと寒クロちゃんの活性は上がって来ませんでした。 常連さんの何人かの方が、「来週は寒クロちゃんを釣りに来るから・・・」っと云ってお帰りになりました。



イナダのヅケ丼。翌朝です。当日の夜は先週のイシダイを堪能。イナダが3層くらいになってて贅沢に使いまくり。最近、ヅケる前に柵取りして皮目に塩して簡易塩イナダにしてからヅケてるので、その効果あって、歯応え旨味がまし余計な水気も飛んでワンランクアップしてます。味噌汁はナント、イシダイの二番出汁だそうです。二番出汁でも十分なほど、恐るべしイシダイの実力。



イナダの刺身。1日塩イナダにして翌晩です。久々、辛子酢味噌で食べてみましたが、コレがよく合ってて止まりませんね。イナダ14本釣って、船上で7本お裾分け、ウチ帰って5本お裾分けして、我が家の分は早くもこれにて終了。脂乗ってれば西京漬け、塩麹漬けとか美味しいし、冷凍保存もできるんですが、あんま脂無いのでウチはヅケ丼と刺身1回分あれば満足。足が早い魚なので、早めに消費しちゃった方がいいんです。この辺がワラサ級とはだいぶ扱い方が違いますよね。



ハナダイの刺身。小振り2枚抱き合わせで一皿。小振りでも味はいいですよ、むしろ小振りの方が上と言っていいくらい。皮が薄いので湯引きも炙りもせず生のまま皮ごといけます。皮岸に脂がタップリ乗ってて、2日置いても身が崩れずネットリ感がある割にしっかりした身で美味しかった。今季のハナダイはサイズの自己記録2回更新しまして、おかげで鍋の美味しさを知るきっかけになりました。最大公証39cmでしたが、尻尾の先まで入れたら40cm超えてましたもんね。



ハナダイ出汁のリゾット。水曜の朝です。先日のハナダイのあら出汁を採って、今朝は雑炊かリゾット、どっちがいいか訊かれたんですが、なんとなくリゾットでリクエスト。具はマッシュルーム、味付けは塩、コショウ、粉チーズだけで魚の出汁が生きた美味しくお腹に優しい朝ごはん。



カイワリの刺身。水曜の夜です。4日寝かせて食べ頃。1枚ですが、頭小さいのでけっこう一人前の刺身になります。脂乗っててコリコリ、何度食べても旨いっすね〜。



クロダイの炙り刺身。中型だったので強めに炙れば皮もいけるかな?と一か八か炙ってみましたがバッチリ成功。皮が口に残ることもなく、皮岸の脂が旨味を伴って、やっぱ今のクロダイは別格。



イナダ出汁の蕎麦。木曜の朝です。イナダ出汁の蕎麦はもはや我が家の定番。今朝は掻き揚げ載せて朝から満足満足。いい出汁でてますよ。



クロダイの刺身。残り半身は皮引いて普通にお刺身で賞味。先日半身皮付きで炙りましたが、やはりこっちの方がクセやこってり感は淡白になる反面食べ易い印象。脂の乗りスゴくどっちも旨いので、半分づつ食べ比べたりで、好みの味を探すのもありではないでしょうか。さて、出汁以外は今週の釣果はこれで完食です。寒クロちゃんまた釣りたいなぁ。



クロダイ出汁の味噌汁。日曜の夜です。昨日の土曜日釣り納めに行きましたが、寒クロちゃんはアタリも無く最後は撃沈に終わってしまいました。強風が思ったよりしつこく吹いてしまい、魚の活性は上がらず仕舞。今晩は残りの出汁で味噌汁をしみじみ。

- Topics Board -