K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
2020/02/09
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
2月9日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

この冬は記録的暖冬で釣りも楽でしたが、今週、木、金と今季最大の寒波が襲来して本格的な寒さとなりました。まぁこれが当たり前なんですけどね、急に寒くなると落差が肌に沁みて堪えますね。週末、土曜日は風も弱く暖かくなったんですが、今週は都合により日曜日の出撃となりました。日曜日は冬型の気圧配置が強まって晴れども強風・低温予報。海は荒れそうですが北風なのでナントカ出るには出られるでしょう。



いつもの時間に釣友と2人で到着すると今日は本船この2名のみ。右舷のオモテに私、胴に釣友と並びました。マダイ船はT達人らで4名様?ムツ五目は6名様かな?船着き場でもピューピューいってるので、海はかなり風が強そうですね。波除けで右舷ブリッジ横に釣友と2人で並んで7時前に出船。真沖のポイントは海悪くてできないので東電前に回るそうです。だいぶ日の出が早くなりましたねぇ。



航程10分弱で減速。東電前の定番ポイント。何度か旋回して位置取りが決まると第1投のアナウンス。北の風強く晴れ、風は体感で13m超、海は良くないですがこれくらいなら許容範囲?風向き東っ気が入ってないのが救いかも。大潮の3日目で朝から下げ潮、11時過ぎが干潮で後半上げ潮の予報。水深24m。水色はたぶん澄み、波が凄くてよく見えませんけど。



開始1投目で釣友にいいアタリ出てすっぽ抜け。直後、私もアタリ出ましたが掛からず。何か良さ気な魚居るねぇ。しかし、先週とは打って変わっていきなり魚っ気あるから楽しいっす。3投目、5、6mシャクったところで引っ手繰るようなアタリが出て、ナントこれが久し振りの大アジ。後の計測で40cmジャスト。コレかぁ。少し続くかと思ったんですがすぐ抜けちゃって、その後、メバルの3年生と1年生の一荷があったくらい。



40cmのアジでデカイとか言ってたんですが、帰り際に大変なモノを釣ってしまいました。後で出てきます。アタリ途切れたので8時、沖目のポイントに移動、水深47mでここはイシダイがポツポツ出る場所なんで頑張りましょう。下げ潮がかなり効いてきて、左後ろに行っちゃうので沖目に放り込んでも2往復やると船下に入ってしまって回収。例によって小振りのアジがポッツンポッツン、先週コレがバカウマだったので全部キープ。釣友が潮先の利かイシダイ2枚、500g級と1キロ級をゲット。



こっちはまったく気配も無いと思ってたら、9時40分、いきなりシャクリにドスン!タナは6〜7mくらい。やりとりするとまずまず良さ気。釣友に救ってもらったのは後の計測で35cm、940gのイシダイ。緑にガッツリ食ってました。厚みがあってよく太った魚体、長さの割りに重量ありそうだし旨そ〜っ!!ヨッシャ、ミッション達成で少し肩の荷が降りました。欲を言えばイシダイもう1枚かウマヅラ(メス)のキロオーバー1枚入ると上出来なんですけどね。



10時を回ったところで沖のポイントに移動。ブリッジ裏に隠れてるんですが、波が天井超えでジャバジャバ2人とも全身ズブ濡れ。しっかし酷い海だよね、風止むどころか強まってんじゃね?10時20分、アナウンスでは水深93、4mでしたが、潮速く103m出ちゃいました。1投目でいっぱいアタリ出たんですが、掛かったの1尾でコレが良型のアジ。シャクればすぐアタるんですが、みんなバレて1尾残って4投で4尾上がりました。水深がゴロゴロで93〜116m。



自分は2.5号ハリスなんでナントカなるんですけど、釣友は2号仕掛けで、デカイのが何尾か着くと引っ張り合ってハリス切れ連発。30分くらいで魚っ気抜けちゃって底潮が止まり気味。上っ側だけまだ下げてますが、そろそろ11時、ほぼ止まりですね。12時、47mの場所に戻ると上げ潮効いてきて次第に小アジのアタリ良くおかず稼ぎ。自分が潮先になるも上げ潮ではイシダイがアタリませんね。ここで小アジ10数匹追加で13時15分、朝の24m立ちに移動。



お昼過ぎて風がだいぶ収まって釣り易くなりました。でも今日は空気が冷たいっすね。メバル狙いでけっこう上ダナまで探ってみます。3〜7mくらいまでシャクリ上げて、その後、ゆっくり蟻誘いで穂先を持ち上げてモタレアタリ。これがだいたいメバルのアタリ。1年生ですけどね。そうこうするとシャクリにドスン!おっとイシダイか!?なかなか引くので大事にやると、コレがナント!!マアジじゃないですか。しかもデカイ!!



船長に測ってもらったら47cmの大アジ。今まで自己記録42cmで、同級は何本も上げてるんですがそれを超えるのが釣れなかったんですよね。それがいきなり5cm記録超え。イシダイのつもりで巻いてたんでアレ!?ですけど、これは狙っても釣れないのでウレシイです。しっかし見れば見るほどデカイ、こんなの居るんだ。ラスト10分コールが出て14時10分までやってくださいましたが、最後は小メバル追加のみでお片付けとなりました。



【本日の釣果】
イシダイ1枚(35cm/940g)、マアジ26尾(自己記録47cm/840g、40〜14cm、30cm超が6尾、その他、中羽2、3尾と残りは15cm級の小アジ)、マサバ1本(40cm)、メバル(23cm〜13cm、1尾煮付けサイズ以外は全部15cm内外の1年生、放流しても底まで戻れないのでキープ)、以上。その他、チビカサゴ、コモンフグ、コスジイシモチなど。アジは自己最大を更新、念願のシャクリでのイシダイゲットで満足満足。

【船宿釣果情報】
久里浜沖 25〜95m、水温=13.0℃、水色=薄濁り
16 〜 47 cm ・ 28 〜 37 尾
イシダイ・アジ・メバル・・・
竿 頭 = 横浜市 ・ 小峰俊之氏

東電前の25mから開始して、いきなりデカアジをゲット。 しかし、後はそこそこのメバルが釣れてアタリが無くて、早めに次のポイントへ移動。 イシダイと小アジがポっツ〜ン・ポっツ〜ン・・・でした。 次は沖の深いポイントでシャクって見ましたがアジがポッツリ・ポッツリとアタリましたが、海が荒れていた事も有って、ハリスが切れたり途中でバレたりで、あまり数が伸びませんでした。お昼を過ぎて東電前に戻って、またまたデカアジ(47cm)を含めて、チョコチョコっと釣って帰港しました。



2020,2,9 ウィリー五目船 イシダイ・35cm&アジ・47cm、小峰氏
帰港して記念撮影、船宿HPから借用。



イシダイのキモポン。イシダイのキモを生のまま賞味。包丁入れるとエッジが立つくらいコリコリ。甘みがあって大変美味しい。釣ってすぐならではの珍味ですわ。



アジ刺し。細かいアジ10尾くらい使って当日に刺身。期待を裏切りません。脂あって甘くてウンマイ。ここんとこやっとアジが戻って来てくれて、型は様々ですがウレシイ。



アジのヅケ丼。翌朝です。ここ数ヶ月、ヅケ丼ネタはイナダ率が高かったんですが、久しぶりにマアジでできました。30cm超の良型数本のうちお腹ラードが2本居たので、1本半使って夫婦二人前。ワシワシ一気食いでご馳走様でした。味噌汁はアジのあら出汁、ウマか〜っ!



マアジのカルパッチョ。醤油味が続きますので、一回洋風でカルパッチョ。47cmの自己記録を半身、まだ硬そうなので薄切りに。脂は無いんですが、身がコリコリでどちらかというと大分の関アジに似た食感。



記録モノに敬意を表して、血合いで割らずに渡で薄切りにしたら、透明度が高く、お皿の柄が透けるほど、長さは優に10cm以上。脂ノリノリのメタボアジとは別の魚と思えば、コレはこれで大変美味しいですよ。



イシダイの兜焼き。まずまずの型だったので頭をタスキに落として二つ割り。煮てもいいんですが、イシダイはやっぱ焼き物で真価を発揮しますね。目ん玉はもちろん骨までしゃぶり尽くしてご馳走様でした。



マアジの握り寿司。火曜の朝です。小アジを半身で1貫、魚が小さいのでシャリも少な目。お皿に乗り切れない2貫入れて10貫完食。ホントこの小アジがバカにできません。酢飯とアジの脂、コクが相性バッチリですね。あと10貫は余裕で食べられますわ。今週末天気が荒れそうな予報、今日祝日なので代わりに出撃しようかと思ったんですが、食材があるとあんまりモチベーション上がらず、釣りはお休みにしました。下手すると今週末は春一番!?だとすれば出撃は無理かもしれませんね。



メバルの唐揚げ。小メバルを半身で唐揚げ。塩振ってサックサク、スナック菓子状態で止まりません。



アジ出汁のごぼ天蕎麦。水曜の朝です。見た目ただのごぼ天蕎麦ですが、アジのあら出汁は今回は数も十分、いい出汁出てますよ。



アジのソテー。30cm級のアジを半身でソテー。オリーブオイルとガーリックでこんがりソテーして、バルサミコと赤ワインを煮詰めたソースがよく合う。こういう食べ方が個人的に大好きで、ハナダイでもイサキでもなんでも通用する万能料理法。



アジのなめろう。脂が無いのと乗ってそうなと個体差があったので、脂ありそうな魚を選んでなめろうで賞味。久しぶりにまともサイズのアジが釣れてこれでもかと堪能しています。味噌は濃過ぎず、合わせるネギはタマネギが定番。



アジの炊き込みご飯。木曜の朝です。アジを素焼きした身とあら出汁で炊き込みご飯。今回はややしっかり目に味が着いてますね。あさからペロっと平らげて、ご馳走様でした。味噌汁はアジのあら出汁。



〆鯖。今年は水温高い時期が長かったり海がおかしかったので、念のため3日冷凍してから〆サバ。冷凍したとは思えないしっかりした身質で、脂もまったく無いわけではないですけど、トロサバではないです。マサバだったので〆てみましたが、まぁまぁってとこですか。



アジフライ。残りのアジは全部フライ。これで終わりです。しっかし、毎回旨いですね。塩よし、ソースよし、マヨネーズよし、タルタルよし。止まらないので途中でストップが掛かりました。



アジご飯の焼きおにぎり茶漬け。金曜の朝です。残ったアジご飯を全部おにぎりにして冷蔵保存。普通に焼きおにぎりでも美味しいのですが、出汁が残ってるということだったので、焼きおにぎり茶漬け。コレはもう大好物ですからね。熱々出汁の中でおにぎりをほぐしながら頂く。サイコーっすよ。



サバの蒲焼丼。コレはお昼のお弁当用。半身を蒲焼にして2/3くらいですか。濃いめに味付けしてあって、たぶん冷めても美味しいと思います。残るはイシダイの本体とメバルの3年生だけとなりました。メバルは早いうちに煮付けにして保存中です。最近、我が家で流行りの鮮度の良いうちに煮ておいて最後に食べる作戦。イシダイは5日寝かせて今晩解禁かな?天気予報がだいぶ確定してきて、土曜日は晴れて凪、日曜日は途中(昼前かな?)から南西風入ってきて、来たらしばらくシケ予報。風速によっては春一番になるかも。よって、土曜日の出撃が決まりました。



イシダイの刺身。5日寝かせて、そろそろ解禁。まずは半身、太ってたので半身で十分一回分取れました。まさにコレだよコレ!ですよ。他の魚ではやっぱ出ないんだよなこの感じ。脂ノリノリなのに身が締まってて硬い、でもしつこさを感じる脂じゃないんだよね。言うこと無し!絶品!!土曜の早朝、さ〜て、今から釣りに行ってきま〜す!なんだか気温がもう12度もあって最高気温17度とか言ってるんで、だいぶ軽装にしました。今晩、メバルの煮付け、明日はイシダイの残り半身と皮、そんな感じでまだ続きます。



イシダイの皮ポン。土曜日の夜です。今日釣りに行ってきたんですが、内容はドツボ、次のページに書きます。コレは先週のイシダイ。今回は貧果だったのでイシダイ本体がまだ半身残っててよかったよ〜!



メバルの煮付け。翌日煮ておいて、タッパーに仕舞って冷蔵庫でゼラチン状に固めて6日目。最近、流行りの早く煮ておいて冷蔵庫で固めて後から食べる作戦。何度かこの方法試しましたが、メバルの煮付けで通用しました。まったく臭みも出ておらず、むしろ煮た当日より味が馴染んでおり、かえって旨いかも!?この作戦使えますわ。



イシダイの皮焼き。残り半身の皮は焼いておつまみ。ホイルの上で焼くと自分の脂で唐揚げ状態。皮目はカリカリ、口に入れると脂ジュワーッ!!



イシダイの刺身。残りの半身です。日曜の夜、釣って1週間、さらに脂回ってスゴイことになってます。今度は何時釣れますでしょうか?今季はイシダイの場所に邪魔モノが多いのでなかなか簡単じゃないっす。



アジのカツとじ。残しておいたアジフライを玉子と出汁でカツとじ。三つ葉が色も香りもいい仕事してますね。あぁ、朝だったらご飯に載せて丼で食べたいところ。



アジ出汁の蕎麦。月曜の朝です。前にごぼ天蕎麦が出てましたが、今朝は普通の蕎麦。アジ出汁使って普通の蕎麦がワンランク、ツーランクアップ、ホントオススメです。



イシダイ出汁のリゾット。火曜の朝です。イシダイ出汁が冷蔵庫でゼラチン状に固まっていました。最近、マイブームのリゾットで賞味。コレは間違い無し!!味付けは塩・粉チーズのみで十分旨い。あと2/3くらい鍋に残ってたので朝からお代わりしちゃいました。

- Topics Board -