K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/12/10   マダイ 久里浜港 五郎丸
      2017/12/02   ハナダイ 久里浜港 五郎丸
      2017/11/26   ハナダイ 久里浜港 五郎丸
2017/10/28
ハナダイ 久里浜港 五郎丸
10月28日(土)、定宿、久里浜港の五郎丸からハナダイに出撃してきました。

先週の台風21号は勢力が衰えないまま本州を直撃し、各地に相当な被害をもたらしたようですが、今週もまた22号が発生して日曜、月曜辺りに影響が出そうな予報。今回は上陸せずに太平洋上を東に進路を取るものと思われますが、出撃できても土曜がいいとこかな?台風本体はまだ九州南部と距離は遠いいですが、北東気流で秋雨前線が刺激され雨は覚悟の釣行なので、服装もそれなりの完全防備。

本日も釣友と二人での釣行。いつもの時間に到着するとお客様13名とのことで7名、6名の2杯出し。我々は第五勇丸の左右ミヨシを空けておいてくださったので右舷に私、左舷に釣友と入らせて頂きました。左舷4名の2番には先週もお会いしたK名人、他にも顔馴染みの常連さんも多く、右舷は3名と楽々出船です。釣り的には1隻で出した方が魚を集め易く釣果は上がる傾向にあるんですが、この人数ですので窮屈にならないよう2隻で出船して頂けるのでありがたいことですねぇ。



7時前に離岸し、定刻ジャスト速度を上げて一路下浦沖のハナダイ場に向かいます。21号の大雨の影響で、水曜、木曜と真水濁りの下げ潮でハナダイはさっぱり口使わず大苦戦した模様です。休み明けの本日、少し状況上向いてくれることを期待したいですが、何しろ対象魚は潮の状況に敏感に影響されますので過大な期待を持てる状況ではないでしょう。とは言え、もしや!?ってのが常に頭のどこかにあるのが正直なトコ。



現場に到着すると早々に位置取りが決まって7時18分、第1投のアナウンス。北の風そこそこ強く小雨、と言うより雨交じりの強風といった感じ。先週より気持ち東っ気が入ってる分、海は良くないです。小潮の最終日で午前中上げ潮、お昼頃満潮を迎え午後から下げる予報。空は暗いですが、今んとこ水色は悪くないです。水深39m前後で願いを込めてシャクリを開始。先週より船は揺れますが、雨が弱く止み間もあるのがかなり救いか。

開始2投目の2回目でアタリが出て、少々小振りですが初物ゲット。状況良くないと聞かされていたので、早々に型が見られて一安心。その後、1回巻き上げバラシを挟んでもう1枚ゲット。他、今日はイナダやカイワリが活性良く、1時間でハナダイ2枚、イナダ1本、カイワリ4枚とまずまずの滑り出し。ところが開始1時間を過ぎた辺りからハナダイの気配がめっきり無くなり。周りの皆さんもアタリは続かないようですが、それでも忘れた頃ポッツンポッツンと地味ですが数を伸ばしていきます。流石ですね。



僚船はサブちゃん船長の仁助丸。ハナダイが上がったのが何度か見えたのとイナダをタモ取りする場面もあり、こっちと似たような状況でしょうか?10時半頃、両舷2番のお客さんが良型を連続で上げられて、こりゃデカイ群れ回ってきたかと一層気合を入れますが、なかなかこっちまでアタリが回ってくれません。10時50分、やっと掛けたよと思ったら何か引き違う?取り込んだらマダイちゃん。11時20分、久々のハナダイをヒットさせるも、巻き上げ中にイナワラに襲撃され、さんざっぱらやって元からプッツン。おいおい魚デカ過ぎるぜ。海面で伸び切ったクッションが跳ね返って来て、スナップの金具が指に当たって血だらけ!!

もう1発ハナダイ掛けたんですが、同じく途中で魚が変わってしまい本命振り落とされ踏んだり蹴ったり。カイワリは低めのタナで待ち長めのシャクリに24、5cmのまずまずサイズが反応します。上の方がイナダ、ワラサで煩いので、クロダイ狙いと相まって、ちょっと低めでネチネチやって中小のカイワリ計7枚獲れました。結局、ハナダイは朝の2枚から伸ばせず、周りの皆さんに水を開けられたまま。反対側のK名人が4Kg級のワラサを上げられたので、やっぱりこのサイズなのよ。ドスっと来て、重いかな?と思った瞬間ビュービュービューでタメが利かずにプツン!!

上げ一杯から下げ潮に差し掛かるとマアジとマルアジの猛攻。この場所は普段あんまりマアジが回って来ないんですが、底潮が濁ったかな?しかもアジがデカイ。濁ったからダメかと思いきや、お隣Kさんはハナダイ連荘で絶好調。自分は入れた瞬間アジに捕まってハナダイまで届かず。13時15分、ちょっとアジの間が空いた隙に小振りですが、久々に本命の顔見られましたよ。その後もアジアジアジ!!のアジ地獄。マルアジもヌルヌルで旨そうなんですが持って帰れないので30尾前後放流、マアジもデカイので20尾で打ち止め。13時40分、船長から後15分コール、ハナダイ当たる気しないし、少し早めに片付けて14時少し前に上がって来ました。



【本日の釣果】
ハナダイ3枚(25〜27cm)、マダイ1枚(25cm)、カイワリ7枚(18〜25cm)、イナダ2本(42〜45cm)、ヒラソーダ1本(35cm)、マアジ20本だけキープして後は放流(25〜37cm)、その他、マルアジ多数は全部放流。本船7名で私4枚とスソ引いてしまいました。(泣)ハナダイの釣果はマダイ込みで良いそうです。カイワリが数出てウレシイ誤算でした。しかも24、5cmクラスが3枚。イナダ1本とアジ10尾はお裾分けに回す予定。

【船宿釣果情報】
下浦沖40m前後、水温=19.0℃、水色=薄濁り
25 〜 34 cm ・ 4 〜 1 1 枚
25 〜 33 cm ・ 1 〜 1 0 枚
2隻出船で11枚が2名、上が40枚で下が33枚
外道にアジ多数・カイワリ・ショゴ・イナダ等
竿頭 = 練馬区・K氏 & 杉並区・S氏

休み明けで気配は少し上向いた感じで復調の兆し・・・しかし、またまた台風がやって来ますよ・・・(T_T)
午前中は外道まじりでポッツリ・ポッツリ・・・とアタってくれましたが、お昼を過ぎて下げ潮になってからは、アジ・アジ・アジ・・・アジが入れ喰いになって(マアジとマルアジが半々・中〜大サイズ主体)、ハナちゃんのアタリは激減してしまいました。
気配は上向いたのに、また台風ですよねェ〜 f^_^;明日は、台風の影響で雨も風も強い様なので、出船は見合わせる事にしました。



マダイの塩焼き。ハナダイの塩焼きも旨いですが、小さいながらもやっぱマダイはマダイの味がしますね。



ヒラソーダの刺身。当日はとにかくコレ。ここんとこ毎回ヒラにありつけるのでウレシイです。脂は控えめでしたが、食感モチモチ、お味の方はGood!!



アジのヅケ丼。翌朝です。ヅケ丼好きなんで色んなお魚で何かとやってますが、王道アジのヅケ丼はけっこう久しぶりかもしれません。型がデカかったんでどうかな?と思いましたが、少々硬め?って以外はまったく問題無しの激ウマでした。



イナダの刺身。翌日、塩イナダにしたモノをキレイに処理して、まずは半身をお刺身に。やっぱこのサイズは塩イナダに限りますね。余計な水っぽさや酸味、臭みがまったく無くなって、歯応えモッチリ、旨味、甘みが出てコレイナダ?って、お試し頂けていない方はまずは騙されたと思って!超オススメです。(塩イナダ



イナダの握り寿司。月曜の朝です。塩イナダ半身余ってたので握り寿司にしてくれました。こりゃ旨い!!知らされずに目を瞑って食べたら、まさかイナダとは誰も思わないんじゃないかな・・・。恐るべし塩イナダの実力。ひとつ乗り切れなかった分は別皿へ。



ハナダイの炙り刺身。弩定番の炙りです。何度食べてもウンマイ!!今回魚は小振りでしたが、一際、脂の乗りが良く、お味の方も正直なとこあんまデカイ奴より良いような気がします。



カイワリの刺身。これで小さい方から3枚切って娘の分取り分けた後ですから2枚半くらいかな。いやいや期待を裏切りませんよカイワリは!コリコリした歯応えと絶妙な脂の乗りでバランス良く上品。まだまだあるので後日が楽しみです。



水曜の夜はカイワリの刺身大盛りで食べましたが、写真連続で被るので割愛させて頂きました。そして翌晩、デカアジといえば弩定番のアジフライ。揚げ立てをハフハフ言いながらウンマイ!皮は剥いた方がオススメ。ふっくらフカフカでアジの味がちゃんとします。タルタル、とんかつソース、塩で頂くのが我が家の定番です。



アジフライサンド。翌朝はお約束のコレ。フライ多めに揚げて翌朝用に残しておくのは確信犯。一度で二度美味しいアジフライ。残るはハナダイ1枚半&アジ数本、カイワリもまだあったかな?さてどうしようかな?



ハナダイのソテー。小振りのハナダイの半身ですが、この料理法はハナダイの旨味を引き出すには最高峰ではないでしょうか?コース料理のメインに出てきてもおかしくないくらいの絶品です。



アジのカレー風味グラタン。さすがに生はもう無理とのことで、カレー風味のグラタンに。野菜はズッキーニとミニトマト。賞味期限の最後の辺りはこうやって食べるとまったく臭みも感じず、美味しく戴けます。



ハナダイのピラフ。サフランで炊いて、料理人曰くパエリア風に黄色くしたかったそうなんですが、ちょっと思惑と違う仕上がりになっちゃいました。炊き上がってからオリーブを混ぜ込んで、トッピングはサービスで目玉焼き。炊き込みの出汁もハナダイなんで旨いに決まってますよね。あと一番デカかったカイワリ1枚刺身にして終了だそうです。



カイワリのカルパッチョ。一番デカかった魚1枚残ってたので、まる1週間経ってカルパッチョ。気持〜ち、臭みが出始めるかどうかってところで、このように香辛料と柑橘系で締めるとまったく問題無し。脂乗ってるわ歯応えいいわで、最高級カルパッチョ。これにて全魚完食と相成りました。さぁ、明日は釣りだ〜っ!!



ハナダイピラフのグラタン。上のハナダイのピラフが余ってたんで、オーブン用ガラス器に移し、ホワイトソースとチーズでグラタン。どう考えても旨いっすよね。全部食べようと思えば食べられたんですが、1/4ほど残してかみさんに贈呈。

- Topics Board -