K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2018/08/11   アジ 新山下 広島屋
      2018/07/11   番外編 イカリング
2018/08/04
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
8月4日(土)、定宿、久里浜港の五郎丸から、ウィリー五目に出撃してきました。

先週、土曜日は台風12号の影響で、東京湾は知る範囲では全船出船中止。日曜日は吹き返しで南っ気が強めで外海は荒れ模様、定宿の久里浜港は祭礼で船止め、横浜でアジならできるかな?とも思ったんですが、たまには休みもいいか!ってことで、仕掛けの補充や道具類のメンテナンス。電動リール全部通電して動作確認したり、PEのチェック。よかったですよ、W五目のメインリール10m上くらいに危ない箇所発見。とりあえず100mだけ新品に交換。点検の重要性を再認識させられました。



釣友と一緒にいつもの時間に到着すると、まだ船が上に上がってて、先客は2名様。お隣ムツ五目は常連S氏とお仲間、乗客4名様かな?あまりの不調振りに私も最近足が遠のいてしまいましたが、流石諦めません、S氏は一発大逆転を期待して毎週乗船しておられますねぇ。それくらいの執念で対峙しているからこそ、良い日に当たった時の喜びも大きいことでしょう。頑張ってください!さて、我がW五目は右舷は私とY太君、左舷は釣友と後ろにお2人連れが入って乗客5名で楽々出船。



7時前に離岸して、港前で少し待機。定刻7時、エンジンの回転数を上げて剣崎沖のイサキ場を目指します。今朝は珍しく風がナライだから涼しくて最高のクルージンング。やっぱ海はいいなぁ!小潮の2日目で朝から上げ潮、9時20分頃が満潮、その後、下げ潮に変わる予報ですが、剣崎沖の潮流はタイドグラフはまったく当てにならないので、行ってみてどうだか、やってみるまで分かりません。



航程30分弱でスローダウン、おっと、船団は寂しく松輪のN丸とD丸の2隻のみ。そこに久里浜の本船とM六が合流して計4隻。これでイサキのご機嫌が良ければ釣り放題なんですが。8月1日に相模湾でマグロが解禁になったので、松輪もほとんどの船がマグロ・カツオ船に看板換えした影響でイサキ船はこの少なさだと想像します。けっこう慎重に回ってようやく位置取りが決まると7時35分、第1投。北東の弱風で海上ベタ凪、スパンカ揚げて風に立ててます。雲多めの晴れ。水色は澄み、潮っ気ほとんど無し。



指示ダナは20m以下は下ろさないで18〜12mといつもと変わらず。開始1投目からあ痛タタ〜。マルソーダの猛攻。道具がタナまで落ちません。落ちても回収時にダブルで掛かって1.7号じゃ元からプッツン!!往復どっちかで必ずやられます。船が少ないからまともにできれば良さ気だったんですが、邪魔者の活性がスゴ過ぎ。これじゃ釣りになりません。一回周り直して、ようやくウリンボ級ですがイサキをゲット。30分で10尾釣りましたが、今日はこのサイズばっか。前回は小型放流してたんですが、今日は持って帰らないとおかずになりません。



釣友もご覧の通り。海面をマルソーダの群れが2、30尾単位で縦横無尽に暴走。仕掛け回収時に群れに当たってしまうと100%食われます。小振りだったら上がるんですが、デカイの複数着いちゃうとハリス元から持って行かれ、ナント30分で仕掛け4組消費。まったくも〜です。次第にイサキのアタリが止まってしまって、1時間で12尾。そのうち招かざる第二の刺客、シイラの群れが寄ってしまい、今日イチの手応えでイサキを巻いてると水面で魚影が見えるや否やバシャ!20cm超のイサキは尽くシイラの餌食に!その度に針が取られるので、仕掛けは継ぎはぎ。シイラが憎たらしいことにウリンボよりちょっといいイサキに限って食い着くのよ。



八景あさなぎ丸、ポツポツ釣れてるようですね。左右ミヨシは知り合いで、お〜い!!9時半頃になると風が止んでしまって、各船向きがバラバラ。潮がどうなってんだかまったく読めず、イサキも食わず。今日もシコイワシの大群が湧いてますが、シイラが群れに突っ込んでバシャバシャ音たてて食い放題。シコイワシも自分が餌食ってる場合じゃないとみえて、今日は針にはあまり着いて来ません。イサキの活性まったく上がらず11時にようやくウリ20尾、11時半、21尾となったところで回収の指示。



イサキは食わないわ、二大邪魔者の活性がスゴイわで今日はも〜降参。東電前に戻ってアジ狙いに変更。しっかし、毎回この仕掛けの消費量には閉口させられます。20分ほど走って、11時50分、水深31〜33mでアジ狙いで再開。指示ダナは3〜8m。1流し目はアタリ出ず細かい外道のみ。15分後、1回周り直すとすぐアジのアタリが出て27cm級と20cm級の一荷。アタリ自体はハデで活性高いんですが、入れ替え毎にアタったりアタんなかったりでムラ激しくなかなか数は伸びません。

水色がイイのでアジが落ち着かないようで、バタバタっと食ったらすぐ抜けちゃって、また回り直してバタバタっと食ってすぐ終わりみたいな繰り返しで、なかなか手強い。終盤は同じタナでマアジよりマルアジが先に食っちゃって打つ手なし。釣友は底上10mほどの上目でいいマサバ4本ゲット。1本差し入れでありがとうございます。これはいいマサバだわ。ちょっと怖いけど生で行っちゃおうかな?下ろして身質みて後で考えましょう。13時55分、船長からラスト10分コールがでて、1回入れましたが、アジのアタリでないので早々にお片付けにはいりました。アジも難しい中、辛うじておかず分は確保できたので結果オーライでしょう。



【本日の釣果】
イサキ21尾(16〜18cm)、マアジ17尾(18〜27cm)、マサバ(38cm、釣友から差し入れ)、マルアジ6尾(25〜35cm)、他、シコイワシ少々、ミニタカベ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ネンブツダイ、ミニカサゴ、ミニメバルなど放流。ウリンボは全部3枚に下ろして一口干物にします。イサキは30以上掛けましたが、まぁまぁのは水面で全部シイラの餌食、他、マルソーダに振り落とされるか元からブチ切られるか!!

【船宿釣果情報】
剣崎沖25m前後〜久里浜沖30m前後、水温=26.0℃、水色=薄濁り
イサキ&アジ = 16 〜 37 cm ・ 15 〜 44 尾
他にタカベ・サバ・55cmのヒラメ
竿 頭 = 横浜市港北区 ・ 小峰俊之氏
今日は初っ端からソウダの猛攻撃で開始(T_T)その後もソウダの攻撃は続き、その内にシイラまで参戦して、踏んだり蹴ったりでした。今日はそんな状況だったので11:30過ぎで早々に東電前に移動開始。東電前にはお昼前に到着してシャクリ再開・・・ここは、スズメダイの赤ちゃん・シコ・・・たま〜にアジ・・・降参状態でしたが嬉しいゲストが船上に上がってくれました。手練れの常連さんもお手上げ状態・・・オマケに暑さも加わって、いやァ〜・・・マイったァ〜(;_;)



マサバの刺身。身割れせずしっかりした身質だったので勝負!当日お刺身で賞味。結果セーフ、アニキはいませんでした。サバがゴリゴリ硬いってスゴイでしょ。そして噛めば噛むほどに滲み出る脂、釣って来ないと食べられません、唸ります。



マサバの炙り刺身。刺し身が旨かったんで、もう半身は試しに炙ってみました。コレ大正解、脂出るわ出るわスゲェ、うまか〜っ!!



マサバの炙り刺身。最初の普通のお刺身、何切れか食べたんですが、炙りが旨過ぎるんで、残り全部炙ってしまいました。釣友に改めて感謝。



アジのなめろう。刺し身はサバで十分だったので、小振りのアジ4尾くらい選んでなめろうで賞味。当日なんで、やっぱ叩くと脂スゴイ出てきます。これも旨い!!



マルアジのヅケ丼。翌朝です。マアジと比べて少し野性的と言いますか、ムロアジ系の食味ですが、ヅケ丼のネタにはオススメです。マアジは1、2時間の浅漬けでも行けますが、マルアジは一晩しっかりヅケた方が美味しいです。朝から食欲爆裂、一気食い。



ウリンボの一口干物の干し中。初め身側を4時間強干して、表面がスベスベしたきたところで、ひっくり返して皮側を表にして約1時間干して完了。ウリンボ21尾全部と小振りのアジ2尾干しました。一旦取り込んで冷蔵庫で2、3日寝かせてからの方が旨いです。



骨せんべい用に干し中。干すか捨てるか出汁にするか料理人の気分次第なんですが、今日は一口干物で出た中骨も干して骨せんべいにする模様。



アジ刺し。翌晩です。小振りから何匹か刺身にしましたが、相変わらずウマい!!叩(はた)いた後でお味の方がちょっとどうかなと思いましたが杞憂に終わりました。やっぱ東電アジは鉄板ですわ。



ウリンボの一口干物。丸一日寝かせて3枚だけお味見。やっぱまだちょっと早いですね。味は良いのですが、本領発揮にはあと1、2日寝かせた方がよさそうです。



アジのカルパッチョ。残った大きめのアジ、全部使ってカルパッチョ。う〜ん、正直ピーク過ぎちゃってます。土曜日に釣って月曜日の夜には手遅れなんで、脂あるアジはなかなか食べ頃がシビアです。アジフライとかにする分にはまったく問題無いのですが。



アジ出汁の蕎麦。火曜の朝です。以前にも何度か載せてますが、アジのあら出汁で普通の温か日本蕎麦。水の代わりにアジ出汁使うんですが、コクとまろやかさが加わってワンランク、ツーランク上になります。食べてアジの味はしませんが、この違い、食べてもらわないと判らないかもしれません。



マルアジのフライ&ウリンボの骨せんべい。どうせフライで油使うから骨も一緒に揚げちゃえって感じで、同じお皿に盛りつけました。フライはもー絶品。フライにしちゃうとマアジもマルアジも判んないね、料理人と同じ見解。それほど魚が旨くなるフライマジック。骨せんべいはやはりイサキですと骨硬いですが、ギリギリ食べられます。1本アジが交ざってましたが、アジの方が食べ易いです。



マルアジフライサンド。水曜の朝です。確信犯で残しておいたフライを使ってサンドイッチ。これがうまいのなんの!!おまけにハムチーズサンドで朝ごはん的にはけっこう豪華!?

- Topics Board -