K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
2020/06/21
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
6月21日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

先週は土曜日が海悪過ぎ、日曜が都合により1週お休みとなってしまいました。先々週、我々が出撃した日曜の翌日からトップ30数枚など爆モードに。梅雨に入って天候不順のため出船できたりできなかったりの中、潮が大人しければ好調で、潮がぶっ飛ぶと苦戦を強いられるような推移で、例年と比べても比較的好調のようです。ただ、昨日は潮がドス濁って不調だったと訊いたので、その辺が気になるとこですが。



いつもの時間に到着すると本船お客様8名様なんですが、まだ2名が来られず。お隣ムツ五目は5、6名のお客様でしょうか。サブちゃん船長と常連Hさんが声掛けてくれました。2名来ないので6名で出船準備をしたところ、出船ギリギリに道具もクーラーも持たずのビギナーさん2名が到着。少し遅れての出船となりました。



右舷ミヨシに私、ビギナーさんカップル、もう1名様で4名。左舷ミヨシに釣友、男性の2人連れ、ともう1名様で4名の計8名で出船。ここんとこは剣崎沖に直行で、ほぼほぼ終日ハナちゃん狙いです。6月解禁の吉野瀬のイサキの様子が気になりますが、釣れてないんですよね。横浜の船が洲崎沖に直行するくらいですから。



この時間松輪の船中心に船団が形成されてますが、どんなもんでしょうか?後から船宿情報見ると横浜の船は洲崎沖の7、80mでけっこうデカイイサキを釣ってきているようです。洲崎沖のイサキというと美味しくないイメージしかありませんが、写真見るとけっこう丸々してて旨そうなイサキでしたよ。



航程約30分で減速し、何度か旋回して位置取りが決まると7時45分、第1投のアナウンス。水深62m前後。最近この場所、松輪の仕立船が先にやってて今日は3隻。シャクってるのか待ってるのか、マダイやってるのかハナダイやってるのかよく判りませんねぇ。僚船が先着でやってると、こっちに魚が回ってくるのが遅くなる傾向が否めません。最近このパターン多いんですよ。



南の微風で薄曇り、海上凪で、上の潮は真っ青で悪くないです。潮はあんま無くて二枚潮っぽく第1投から船上、オマツリ騒ぎ。上はキレイですが下の潮がまだ濁ってるようでアタリが遠いまま時間が経過。パット見は食う潮なんですけど下が良くないみたい。朝イチから修行モード炸裂。開始45分、8時半にお隣のビギナーさんが船中初物。8時50分、左舷の釣友と来たんですが、後が続かず。

開始2時間、風が北東に安定し、下げ潮で左舷トモに流れる潮。あぁ、またド潮ケツになってしもうた。正直なもので左舷は頻繁にアタリ出て、釣友3枚、お隣も3枚?お隣ビギナーさんが2枚。お隣さん釣り初めてらしいのですが、教え方が上手過ぎて先に2枚釣られちゃいました。コツを教えるとセンスがいいからすぐ結果を出しますね。初めての釣りが嫌な思い出になるのも切ないですし、まぁビギナーに楽しんでもらわないとね。



潮がだいぶ速くなってしまって、増しオモリ入れて95号。10時過ぎ、本日初のアタリが出て、コレが本日最大の36cm。やっとアタリ出ましたよ。開始2時間20分で1打数1安打だもんね、キビシイっす。左舷は安定的にアタリ出てるようですが、如何せん右舷はトモ以外誰も食わない。あぁ今日は一際、魚までの距離が遠く感じます。潮が左舷に行ってるので舷同士でのオマツリも多いですね。



空が怪しくなってきましたが、釣り場は雨はありませんでした。帰ったら横浜は朝から本降りだったそうです。千葉の方も真っ黒だもんね。11時半1回周り直し。再開1投目から左舷でアタリ。状況変わらずか。12時、一瞬潮が緩みかけた瞬間、ようやくアタリ出て2枚目、少し経って3枚目とやっと釣りらしくなってきましたが、長続きしません。少し間が空いて、2回ガッツリ掛けたんですが、1枚はスレでバラシ、もう1枚はデカ過ぎて、下の方で浮かせられないまま突っ込みで針ハズレ。このアタリが無い日に2連続バラシは痛い!



危ない雲が頭上まで来ましたがセーフでした。お隣ビギナーさんのお兄さんは要領掴んだみたいで私も敵わず、お姉さんも終盤型出て良かった良かった。釣れると釣れないでは大違いだもん!終わり際、左舷はほぼ入れアタリ。少し潮が速くなってまた増しオモリ。14時ラスト10分コールがでて、2回目の投入でガッツリヒット14時8分に5枚目が上がって、なんとか自分は最低目標だけクリア。お隣ビギナーさんはカップルで7枚&1枚かな?この条件で初めてにしてはご立派!!



【本日の釣果】
ハナダイ5枚(36、32、30.5、28cm×2枚)、以上。しかし、お隣のビギナーさんカップル。初めてなのによりによってこの猛烈にヘビーでハードルが高い釣りを選んだのは何故?聞きそびれました。

【船宿釣果情報】
ハナダイ = 26 〜 37 cm ・ 1 〜 16 枚
釣り人8名で2番手10枚で船中53枚、他にカワハギ・チョウセンバカマ・ホウボウ
竿 頭 = 〇〇区 ・ I氏

今日もハナちゃんで勝負させて戴きました。 水が真っ青で綺麗な水になっていたんですが、どうやら底の方は昨日と同じで、濁った水のままでドンヨリと暗ァ〜い感じがして、潮も殆ど動いていない様な状況で、早い時間帯は魚が殆ど口を使ってくれずに 、「ヤバイよっ、ヤバイよっ・・・」と云う感じでしたが、それでも徐々にポっツリ・ポっツリとアタリが出てくれて、単発でしたが顔を出してくれる様になりました。 終わって見れば、貸し道具で初挑戦のカップルさんはお二人で8枚ゲット(^_^)vツ抜けがお二人で、船中で53枚と云う釣果になりました。



ハナダイのヅケ丼。翌朝です。貧果により私だけヅケ丼。ハナダイは薄口醤油ベースが味が上品に引き立って美味しいすねぇ。味噌汁はハナダイのあら出汁、コレも相変わらず美味しい。ツ抜けくらいしないと全員ヅケ丼には回らないのが悲しいところ。今週もケチケチ作成で行きますよ!



ハナダイのカルパッチョ。翌晩です。KALDIで売ってる「イタリンハーブミックス」をベースに味付け。(他にも色々種類があります。)薄味で良ければこれだけでもOK。塩気が欲しいときは岩塩など少々追加もよし。あとはライムの絞り汁にオリーブオイルのみのあっさり系のシンプル。魚の味が生きますね。



ハナダイの昆布〆。久しぶりにやりました。前日の朝に漬けたんでやや薄目の漬かり具合ですが、漬かり過ぎよりはこれくらいがちょうどいいかもしれません。冷蔵で2日程度漬けて、そのままの状態で冷凍保存もできますよ。



ハナダイ出汁のリゾット。水曜の朝です。ハナダイのあら出汁をベースに味付けは塩と粉チーズのみ。具はマッシュルームの代わりにシイタケと玉ねぎの微塵切り。コレは我が家のド定番。



ハナダイのソテー。一番大きいヤツを半身でソテー。食べ方の選択肢はいくつもあったんですが、私はコレが好きでねぇ。ソースはバルサミコ酢と赤ワインを煮詰めたもので甘みがあります。葉っぱはサラダクレソンというそうですが、クレソン由来の独特の香りが殆ど無く食べ易いっす。残る1枚は鯛飯にして、残りをまた焼きおにぎり茶漬けなどにする予定です。



ハナダイの鯛飯。木曜の昼です。残り1枚は予定通り鯛飯にして炊き立てを頂きました。ウチの場合、魚は骨抜きの柵にして、別途採ったあら出汁で炊き込みます。炊き上がりに白ゴマを混ぜ込んでトッピングに刻み海苔が定番。わざと残して茶漬け用に4個おにぎりにして明日の朝がまた楽しみ。



ハナダイの焼きおにぎり茶漬け。多めに鯛飯炊いて、残りでおにぎり6個。これで3人分の朝ごはんの準備完了。醤油はつけなくていいので、そのまま表面をカリっと焼きおにぎりにして、薄めに味を調整したハナダイのあら出汁を注いで頂く。これが旨いんですよ。

- Topics Board -