K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/10/17   番外編 電動リールの大掃除
      2017/10/09   ハナダイ 久里浜港 五郎丸
2017/08/20
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
8月20日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

ムツ五目やろうと思って、前日TELしたら、ムツのお客居ないそうで、ウィリー五目の方だったらお客さん一人予約入ってるってことなんで、じゃぁあたしもウィリー五目にするわ。仕掛けは両方あるんで、急遽荷物の入れ替え。こういう時よく忘れ物するんで念入りに点検して準備OK!

いつもの時間に到着するとなんかヤバイ雰囲気。やっぱりだしょ、もう一人のお客さんキャンセルになっちゃって乗客あたし一人だって。マジかよ〜!お盆休み明けでみなさんモチベーション下がっちゃってるのかな?船出ます?出すよ!!・・・んで、コース確認すると剣崎は行かないんで、最初、近場でお土産(アジ)確保してから後半下浦でハナダイ気合でシャクリましょう!!ってことで決定。



7時少し前に離岸してそのまま東電防波堤を面舵に回り、少し下がったアジのポイントまで航程約8分。反応探しながら何度か旋回して7時10分過ぎ、開始のアナウンス。今日はY太君が操船担当、胴の間で船長真面目におかず釣りするみたい。シャクリ方とか横で間近に見られるので勉強のチャンス!?



今日は珍しくムツ六の五目船と並んで2隻で操業。北東の弱風で曇り、海上ベタ凪、涼しくて最高の釣り日和。大潮の初日で干潮が10時頃、後半上げ潮に変わる予報。道具下ろすと水深23m前後、空暗いのでアジには良さそうなんですが、ここんとこ水が良くなっちゃってアジの食いは渋いそうです。何度か入れ替えますがまったくアタリ出ません。ヤベェなこりゃ、変な汗出てくるわ。



少し遅れて竿出した船長は難なくアジ入れ食いモード。マジっすか?20分経ってやっとアタリ出て待望の初物ゲット。船長にタナ確認しに行くと5、6、7mで安定はしないそう。このとき船長の桶見たらウワッ!アジで真っ黒。自席に戻って試行錯誤するも全然調子出ません。潮後ろに行ってるけどそれだけじゃない差だわ。開始1時間でナント6尾、2時間で13尾、ウソみたいに釣れない。

船長もうおかず十分みたいで、今潮変わりだから移動する?もうちょっとやってく?オッケーになったら言ってだって。うわプレッシャー。船長2号の仕掛けでバンバン釣ってるんだけど、モノは試しなんで1.7号のイサキの仕掛けに交換したら1投目からアタリ。やっとシャクってまともにアタリ出るようになって、カワハギや大アジもゲット。カイワリが2回掛かったんだけど、いずれも大アジとのダブルで水面で2枚とも振り落とされてバカモン!10時20分、アジ辛うじて25尾(内大アジ4本)貯まったんで、おかずオッケー!サインで移動。



途中、マルコロちゃんのポイントで餌撒いて行こうとのことで、10時半、第2部は指示ダナ底まで下ろさないで12〜5mで再開。しばらく入れ替えていると20cm台の金ピカアジがアタリ始めましたが、イサキは顔出しませんねぇ。食いダナは10〜8mくらいか。いいアタリでアジがアタるか、モサっとしたアタリでスズメダイ、ベラなどの定番外道。タナ下げると要らない魚に捕まります。小一時間やってアジが合計43尾とだいぶ挽回できてかなり満足。11時20分、ヨッシャ!下浦で勝負じゃ!



11時半、位置取りが決まって第3部、ハナダイシャクリの開始。水深35m、竿も交換してシャクリ方もハナダイに変えて、ナナナント、1投目でおハナちゃんのアタリ、電動ジョグアワセが決まって、久々の引き味。竿先が何度も海面に突き刺さる。激しい突っ込みをかわし、無事、船長の玉網に収まったのは32cmのまずまずサイズ。2ヵ月半振りかなぁ?しっかし1投目だったんで面食らってタナとか覚えてないし。



直後、船長にもヒット、居るじゃん!!10分後、ガッツリアワせたつもりが巻き上げバラシ。次に28cmのやや小振りをゲット、そしてまたしても巻き上げバラシ。少し間が空いて3枚目は30cm級と約1時間で5打数3安打。順調にアタリ出たのは1時間くらいですかねぇ。その後はほとんど沈黙となり、お昼過ぎてカイワリ1枚釣って、その後、間違い無くハナダイだったんですが、これも10mくらい巻き上げたところでスポッ。

アタリ出なくなったんで、船長、戻っておかず釣って帰る?って言ってくれたんですが、ハナダイバラしたばっかで悔しかったんで、ここでもうちょっと頑張って、少し早めに上がっていきましょうよと私。ですが、結局、その後アタリまったく出てくれず、諦めて13時50分に自主納竿。居るには居るけどまだ数固まってないんで、コマセ効いちゃうとすぐウィリー追わなくなっちゃう感じかな。もう少しして魚数固まってきたらイイ感じになりそうな手応えでした。しっかし6打数3安打と相変わらず率悪いっすねぇ。



【本日の釣果】
ハナダイ 3枚(32、30、28cm)、カワハギ 1枚(30cm)、カイワリ 1枚(24cm)、マアジ 43尾(19〜24cmの中アジが39尾、32〜37cmの大型が4尾)、以上。その他、ネンブツダイ、スズメダイ多数は放流。船宿釣果情報、名前は私になってますが、数は私(スソ)〜船長(頭)なんですよ〜。(苦笑)

【船宿釣果情報】
久里浜沖25m・下浦沖20〜40m、水温=26.0℃、水色=澄み気味
23 〜 37 cm ・ 48 〜 61 尾 ( 上記の内、ハナダイ = 28 〜 32 cm ・ 1 〜 3 尾 )
中〜大アジ主体・ハナダイ・カイワリ・カワハギ・ウマヅラ
竿頭 = 横浜市港北区 ・ 小峰俊之氏

東電前25mから開始。 中〜大サイズの「美味しいアジ」がポッツポッツとアタって、他にデッカいカワハギやウマヅラ、良型のカイワリも釣れてまずはお土産を確保。11:00頃に下浦沖へ移動・・・丸コロちゃんのポイントに寄って様子を見て、その後はハナちゃんとガッツリと勝負して来ました。 シャクリ再開してまずは一投目からヒット、続いてお隣の方にもヒット・・・(^_^)v 出足好調でしたが、その後は四苦八苦しながらのシャクリ・・・それでも皆さんが顔を見る事が出来て、良型のカイワリもポツリポツリとアタってくれて、それなりに楽しめたと思います。 徐々にアタリも増えて、数も伸びて来ると思いますので、今後は調子が上向いて来る・・・そう願って期待しましょう!



ちと恥ずかしいですが、船宿さんから写真頂戴しました。ハナダイ 3枚(32、30、28cm)、カワハギ 1枚(30cm)。カワハギははたいた後で卵もキモも空っぽでペッタンコ。



ハナダイの湯引き刺身。久々に食べましたが脂あってウンマイ!!特に皮岸の脂がコクがあって、皮剥いちゃいかんです。



アジ刺し。当日なんでチョイ硬め。脂あるんですが、欲を言えば明日がベストかな?



ハナダイ素麺。出汁もハナダイのあらで採って味付けは塩だけ。隠し味程度で薄口醤油ほんのチョイ。



アジのヅケ丼。とにかく好きなんですよ。モノがいいんで間違い無し。朝から一気食い!



ハナダイの炙り刺身。脂あってマイウ〜。かみさんは普通に山葵醤油で食べたいって言うんですが、私は醤油味続きで少し飽き気味。



なので、山葵醤油ではなく、岩塩、乾燥バジル、オリーブオイル、多めのライムであっさり洋風刺身。つけ麺ならぬつけカルパッチョみたいなモン?



アジ刺し。翌日、やっぱ脂出てきましたよ。今回は横にある梅肉ダレ(梅肉叩いて昆布出汁でといたモノと思います)をドバッとかけてしまいます。これもいわゆる和風カルパッチョ?醤油味に飽きたらやってみてください!



カイワリの握り寿司。お寿司屋さんでもまず見られないんじゃないですかね?カイワリは。流石高級魚!上品な脂と適度な歯応え、酢飯がバッチリ合います。



アジと生ハムの香草ロール。アジは脂乗ってたので生は翌日まででしたね。(脂乗ってるほど生食での賞味期限が短いっていう意味です。)それ以降は火を通していろんな料理にするとまだまだ美味しく頂けます。アジを縦に切って向きを変えて合わせると幅がそろいます。そこに生ハムを巻いてタップリのセージ、粗挽き胡椒を振ってオリーブオイルで炒めます。塩は加えず生ハムの塩分のみで十分!!



カワハギと大葉の掻き揚げ。カワハギは只今年間で一番味がビミョーな季節。釣った時点で揚げ物かチゲ鍋に決定。細切りにして大葉と掻き揚げにしたら旨かったです。



いろいろ釣り魚料理が揃ったので、頂き物の高級日本酒が解禁。純米大吟醸と言えばもはや米ジュースといった印象がありますが、案外コレはガッツリと旨味が濃いお酒でしたね。実はこの銘柄純米吟醸は戴いたことあったのですが、純米大吟醸は初めてでした。期間限定の仕込みモノだそうです。旨い魚に旨い酒、釣りやっててヨガッタァ。



アジのさつま揚げ。デカアジはフライにしようかと思ったんですが、毎回ワンパターンなので今回は枝豆とゴボウ入りで大量のさつま揚げ。残った分は煮物などのお惣菜に順次流用していきます。



アジのさつま揚げと里芋とオクラの煮物。少し甘めに味付けるのがミソ。なんてことない普通のお惣菜ですが、酒飲みながらこういうのが何気に美味しい。



ハナダイとカイワリとカワハギのピリカラあら汁。文字通りそいつらのあらで出し採って、キムチの素、薄口醤油と酒少々。具は白菜としいたけ。デカアジ2本、アジ10尾、ハナダイ1枚配っちゃったんで、ウチはこれでほぼ終了かな?

- Topics Board -