K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2021/06/13   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2021/04/28
ムツ五目 久里浜港 五郎丸
4月28日(水)、定宿、久里浜港の五郎丸からムツ五目に出撃してきました。

ここんとこムツが上向きで、先週の水曜はお客様10名でトップ3尾、型は37cm〜25cmくらい、10名中、型見られなかったお客さんは3名だけと、人数多かった割に多くのお客さんに割り当てがあったそうです。私も早々日曜日に行こうかと思ったのですが、水曜日にW五目やったばっかだったので、今週も水曜日に出撃。去年はあんまりムツやる気しなかったものの、今年は2回やって2回とも型だけは見てるのでやる気満々。昨日の後半から高気圧の裏に入って風の吹き方が心配だったので、前日、船長に確認したら出船決定でGO!



単独いつもの時間に到着すると、ムツ五目はお客様4名+Y太君で5名、別船W五目は4名くらい?明日からGWというのに今週は予報悪く船宿さんも開店休業になりそうで、お店的には勘弁してくれ〜!ですよね。私は右舷ミヨシに入れて頂き、余裕の釣り座、コレでまともに釣り出来ればけっこう期待できそうですがどうなることやら。W五目船の後、7時過ぎに離岸して定刻7時15分まで港前で待機。停止してますが、ウネリの余波がここまで届いてきてなんだかイヤな予感。



定刻を迎えていざ発進。防波堤回ると海悪いから気をつけてください!とアナウンス。やっぱそうでしょ。舳先のくぼみに荷物持って避難すると、やがて、うひゃ〜!想定を超える海の悪さ。とてもではありませんが巡行速度では走れず、大波が来るとストップしながら徐行。ドカン!久しぶりに身体が2回ほど宙に浮いてケツ打ちましたよ。しかしスゲェ、これで釣りになるのか心配になるほど。しかし船って壊れないもんですね。航程普段の2倍ほどかけて真沖の下手で停止。



7時30分、第1投。南西の弱風で薄曇りから時折晴れ。風は大したことないのに海は最悪、普通に立って居るのは困難。水は明るめで若干濁ってるかな?くらい。大潮の最終日で下げ潮から11時45分頃が干潮、午後から上げに変わる予報。水深180mから急な下り坂で一流し目約15分で220mまで下って周り直し。いちいち被るので潮周り時には毎回避難。下げ潮ぶっ飛んでいるのですが下の潮も動いてるので仕掛けは立てやすい。その後、潮速いので頻繁な周り直しで水深170〜180m中心に140〜200mくらい。しかし、ここまで悪いとやる気より恐怖心の方が上回っちゃう。



この海悪の原因は、南西風なのに下げ潮ぶっ飛びで逆潮なのと沖ではけっこう吹いてるのかも。あと久里浜沖自体が絞られた地形になってるのも影響あるかな。現場は体感で7mくらいの弱風。2流し目、160mくらいから入れて210mくらいまで、あっという間で底取りが追いつきません。8時35分、右舷トモのお客さんにヒットも海悪のせいかあと10mのところで針ハズレ!あちゃ〜と思った次の瞬間、目の前に赤い魚がボコン!と浮いてきてタモでキャッチ成功。32cmくらい?ラッキーでしたね〜。僚船の新修丸もかなり揉まれてますが、後で情報見たらトップ6本と良型も出てけっこう調子よかったみたい。



こちら魚っ気出ず、ミニドンコくらい。最初の流しで左舷ミヨシで本命っぽいのヒットしましたが、トモとマツってバラシ。トモのお客さんの方にはニベが着いてたそうです。1尾目が出た後、船中ナンモ音沙汰が無く、皆さん座ってますが、私の席は腰の高さまで柱が立ってるので、ソレ頼りに辛うじて立って釣り続行。座って釣るの慣れてないので。風が大したこと無いのにここまで海悪いのは初めてかもね。たまに頭より高い波が来て、バッコ〜ン!5回くらい舳先から水汲んで荷物も自分もビショ濡れ。左舷ミヨシのお客さん、トイレ行くのも命がけですよ〜!オレも立ってるだけで怖いっす。



しばらく何事もなくロデオマシンの上で柱にしがみついて、立ってるだけでやっという全身運動で修行モード炸裂。11時半くらいからやや潮が大人しくなってきて、12時を回ると風は強まる一方、逆に流れが収まって海がワンランクマシに。これでもだいぶ楽に感じるから慣れとは恐ろしい。と、その時、ガチョチョチョビビビ〜ン!とアカムツ特有のヒステリックなアタリが出て、しかも重量感もありアドレナリンが出そうになったのですが、アレ!?居なくなったし。なんだよも〜。勝手に2、3m上下しちゃうからタイミングで向こうアワセにならないとダメだよね。アワセもへったくりもない。



13時25分、風が10m超えてきて、海はなぜかさっきよりだいぶマシに。少し早いですが、風強いのであと10分か20分で上がって行きます!と船長。上げっ端かな、その直後、左舷ミヨシでクロムツ、連荘でカンコ、トモでもカンコ。ちょっと上向きかなと思われましたが、自分本命のアタリはアレが最初で最後。ちょっと後ろ髪惹かれましたが、13時45分、風がどんどん強まってしまい30分ほど早めに上がって来ました。明日は全身筋肉痛かも!?(追伸:翌日は平気だったのですが、翌々日の未明に身体が痛くて目が覚めました。年取ると翌々日に来るんですよ。)

【本日の釣果】
釣果なし。18cm級のドンコ2尾は放流(と言うか戻れないし、正直に捨てたといった方がいいですね)。一発良さ気なアカムツのアタリ、針掛かりせずクッソ〜!人数少なくてチャンスもコンディション悪過ぎで、も〜無理っす!

【船宿釣果情報】
久里浜沖・150〜200m前後、水温=17.0℃、水色=薄濁り
アカムツ = 25 〜 32 cm ・ 0 〜 1 尾
不調で本命は船中2尾、他にクロムツ・シロムツ・カンコ
竿頭 = ***** ・ ****氏
<ムツ五目>
喰い渋って大苦戦・・・海が悪過ぎてまともに釣っていられなかったそうです。
<W五目>
風はさほどでも無かったんですが海は大荒れで、オマケに潮は超速かっ飛びの下げ潮で、東電前35mから開始しましたが、とてもシャクっていられる状況では無く、早々に20〜25mのポイントへ移動。 ここは潮はそこそこでしたが、海の状況はそんなに変わらず大荒れで立ってシャクルのは厳しいと云うよりも危険な状況でした。20〜25mのポイントでは小〜中のアジとヒラメ・カワハギ、そこからから少し下がった35mのポイントへ移動して中〜大のアジとウマヅラ・メバル等を釣って、お一人は昼過ぎに片付けてご休憩・・・あまりに海が悪くて13時半に早上がりしました。今日は、剣崎沖のハナちゃんはパスさせて戴きました。

- Topics Board -