K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2017/06/24   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
      2017/06/11   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2017/05/03
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
5月3日(水)、定宿、久里浜港は五郎丸からウィリー五目に出撃してきました。

GW前半はいろいろやること多くて、後半5連休の初日、いつもの釣友と出撃してきました。先週末は土日とも頭ツ抜けでまずまずの様子だったんですが、週空けて月曜0〜4枚、火曜0〜2枚といきなり激渋モード。船長に連絡すると汚い濁り潮が入ってしまい、ハナダイはご機嫌斜め、ハナダイ場でデカアジが食うそうで。状況は完全に想像の範疇でしたが、海は一日で豹変することもよくあるし、とにかく同じ釣りを数やることが技術、経験値を上げる最たる近道ってか?特にこの釣りは最初から難易度高いので尚更。ダメモトで今週もシャクリまっせ〜!

いつもの時間に到着すると片舷4名づつの8名で、右舷の2番、3番を確保しておいてくださり、前から私、釣友の順で入らせて頂きました。と言っても、周りのお客さん、殆どが顔馴染みの常連さんばかりなので朝から話も弾んで気が楽です。お隣、サブちゃんの仁助丸は11名様の仕立船だそうで楽しそうですねぇ。狙いはハナダイだそうですが、状況的にキビシイですし、慣れないお客さんも居られるようなのでどうかな?何かおかず釣れればいいのですが。支度も整って定刻少し前に河岸払い。



港口で待機すること定刻7時ジャスト、航路のハナダイ場に向けて一直線。

7時15分スローダウン、位置取りが決まって投入開始。南の微風で海上ベタ凪、薄曇りの晴れ、小潮の2日目で満潮が朝8時40分頃、その後最後まで下げ潮の予報。水深は47、8m。朝の上げ残りで少しアタリ出てくれればいいのですが・・・と願いつつも何なのよこの潮色は!?濁り潮とは聞いていましたが、ドブ川のような茶濁りで、これじゃハナダイ食わないでしょ。釣り場着いた瞬間、苦戦確定。なかなか良い日に当たりませんねぇ。まぁ知ってて来たんで、とりあえずシャクるしかありません。



サブちゃん船と仲良くハナダイ狙い!?っと7時20分、開始2投目、明らかにおハナちゃんのシグナル、シャクって止めた瞬間、仕掛けにまとわりつくような違和感、速攻で巻きアワセと電動ジョグアワセの併用でガッツリ針掛かり。巻き上げ中、何度もツッコまれて竿先が海面まで引き込まれます。ビシを取ると濁った海面にぼんやりオレンジ色の魚影。ミヨシの常連さんがタモ出してくださいましたが、針ガッツリ掛かったので抜き上げちゃいました。ありがとうございます!29cmのアベレージサイズを早くもゲット。1投目で左舷2番の常連さんに型が出たので、これが船中2枚目かな?



釣友にも掛からないアタリ出ていたみたいで、その10分後、ようやく針に掛けてハラハラのやり取り。上がったのは30cm級のアベレージサイズ。ミヨシ1番の常連さんも同時ヒットさせたんですが、ビシを取るとグルグル回ってこちらはデカサバ。ここのハナダイは平均30cm前後でたまに38cm級のキロ近いモノも出るので油断できません。7時35分、今度は私に2枚目がヒット。仕掛けのフォールで止まったんでもしかしてサバか?と思いつつ回収すると赤い方で良かったよ〜。30cmちょいかな?早々に前回の2倍の釣果!



ミヨシ1番の常連さん、サバの3点掛けに苦笑。開始1時間で右舷前から0、2、2、1枚、左舷前から0、1、0、0枚と触る割に口使ってくれず針が唇まで届きません。船長に聞くと底もかなり汚れてるみたいで魚探にゴミの黄色い反応がバッチリ出ちゃってるそうで、まったくやれやれ。9時を回るとハナダイの気配は完全に無くなり、当たるのはサバばっか。10時までに左右ミヨシの常連さん2名様に初物が上がりまして、おめでとうございます!こちらカスリもせず修行モード全開。



一時、ハナダイは諦めて、いつもの水深58m立ちのアジ場へ移動。先に行ってたサブちゃん船の情報でしょうか?こっちもサバしか食わないらしいと船長。マジっすか?果たして我々がやってみてどうだか。10時50分、第2ラウンドアジの部の開始。最初音沙汰が無かったんですが、何度か入れ替えてるうちに船中アジが顔出し始めましたよ。あぁ最高のサイズですねぇ!と言ってるうちに私にもアジ様の初アタリ。上がったのは20cmちょいの絶品アジ。この品物が20尾くらい続いてくれればいいのですが・・・。

南風の下げ潮なので、かなり操舵が難しそうで、船が左右に振れてしまい水深がコロコロ変わって釣り難いです。その時によって道糸が真下に58m出るときは高確率でアタリ出ますが、横や沖目に飛んでしまって63mくらい出てしまう時は、海面から53m決め打ちで仕掛けが馴染むのを待っているとアタリが出ます。なんですが、だんだんアジの型がデカくなってしまいお前じゃないんだよ!!一番欲しい20cmちょいの品物が釣れなくなってきました。そのうち食えば30cm超、やっと良さそうなアジ掛けた時に限って巻き上げ中にサバの攻撃に遭い、アジが振り落とされてサバだけ残って効率悪いぞ!



12時20分、アジも出たには出ましたがパッとしない釣りに終わりハナダイ場へ戻ることに。結局20cm絡みの絶品サイズは5、6尾だけ?あとはデカ過ぎ!!12時30分、ハナダイの第2ラウンド。なんと1投目でチップして、魚居るわ。そんで2投目、案の定、明確なおハナちゃんのアタリにアワセが決まったと思ったら10mくらい巻いたところでフッ、居なくなったよ〜、バカモン!下げ潮で、水色少し茶色味が抜けて来たかな?っと、再び明確なアタリが到来して今度はガッツリ?ハラハラのやり取りでようやくビシを取ると先針にハナダイ、先針で掛かり悪そうなんで玉網要請して釣友に救って頂いたのが30cmちょい。

その後、チップが何度かあったんですが、終盤はデカアジの入れ食いになってしまい、すっかり大味な大鯵釣りに終始。多過ぎて持って帰れないので釣っては放流、釣っては放流の繰り返し。タナはアバウト、4〜8mのどこかでガツガツ食ってきます。35cm級のアジのダブルにサバも交ざっても〜げんなり。昨日と同じパターンだなぁと船長。この濁り潮が抜けるまでしばらくダメだねぇ。魚は居るには居るけど如何せん活性が低い。結局、ハナダイは確信できたアタリ8打数で5安打、2枚巻き上げバラシで3得点。アジ、サバは全部持って帰れないので多数放流。そんなこんなでハナダイは後が出ないまま14時10分に納竿。



【本日の釣果】
ハナダイ 3枚 (31、31、29cm)、マアジ 15尾キープ (19〜38cm、食べきれないので35cm級10尾以上放流)、マサバ 5尾キープ (39〜43cm、多すぎるので10尾以上放流)、カイワリ 1枚 (20cm)、ハナダイの場所でデカアジが食うようじゃダメなんです。

【船長コメント】
久里浜沖50〜60m、水温=16,0℃、水色=薄濁り
ハナダイ = 26 〜 34 cm ・ 0 〜 3 枚
他にアジ=25〜37cm・6〜37尾、カイワリ・大サバ
竿頭 = 横浜市港北区 ・ 小峰俊之氏
昨日までに比べると潮も落ち着いて来て、大分釣り易くなって来ましたが、海の中の状況はあまり変化が無い様子でした。 一昨日・昨日に比べれば、アタリ具合等は若干ですが上向きかなァ〜っと云う感じでした。 水が入れ替わって状況が好転するのは、もう少し先になるかなァ〜・・・



当日、一番デカイマサバの半身、刺身で頂きました。見るからに脂は乗ってませんが、まったく無い訳でもなく、身割れも無くまずまずかな。旨いサバの味知ってると相当落ちますが・・・。



翌朝は昨夜のマサバの残りの半身でヅケ丼。やっぱ、脂っ気無いんでヅケた方がイケますね。サバの生はこれまで、残りは色んなお料理の材料になります。明日の朝はアジでヅケ丼やりますかねぇ。



ハナダイは炙ると燃えるほど脂乗ってます。もちろんお味の方も文句無し。



アジは小さいのから4尾選んでお刺身。子が入って来てるんで時期的に味は落ちるはずなんですが、まだけっこう旨いです。脂は前回の方があったかな。



脂っ気無いサバの活用法、我が家定番のサバのそぼろ丼。みじん切りにした野菜(ニンジン、しいたけ、竹の子、ひじき etc あるもの使えばOK)と一緒にサバの身を炒り煮にして、炒り玉子(スクランブルエッグ)を乗せて丼。これは間違いないです。臭みも無いので冷めても美味しいっす。


同じ時間、夫婦はサバのそぼろ丼ですが、娘はハナダイのプチヅケ丼。大きく違うんですよ待遇が。味噌汁はハナダイとカイワリのあらで採った出汁。脂浮いてるでしょ。


サババーグの生ハム巻き。ミンチにしたサバに塩・胡椒、セージなどの香辛料を混ぜて、生ハムを巻いてオリーブオイルでソテーしたお料理。脂っ気の無いデカサバはこうやってありがたく食材にしております。


あらかじめ炒めたナスをオーブン容器に敷いて、その上にこれも炒めて焦げ目をつけた半身のアジを乗せ、市販のアラビアータソースと粉チーズでオーブン焼き。若者向きにはトロけるチーズがオススメ。これまた脂っ気の無いデカアジの活用法。ひと手間加えるとホント美味しく頂けます。


今日の朝食、アレレ!上に載ってるサババーグの生ハム巻きでサンドイッチですか!?さすがにそれだけじゃ可愛そうなんでウインナーサンドも1ケ。


これも定番、アジの南蛮漬け。南蛮漬けは小アジを使うイメージがありますが、脂っ気無い大アジの切り身でやるのも一手です。


上の南蛮漬け。大量に作っちゃって、途中で飽きたらカレー味に変身。これはウチの常套手段。量が多過ぎるとなんやかんや苦労しますが、贅沢な悩みですね。


アジの唐揚げ竹の子あんかけ。なんてことない料理ですが脂の無いデカアジ、どうやって消費するか。今回GWで配り先のお宅が留守なのが痛かったのよ。釣った責任上、頑張って食べてます。

- Topics Board -