K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2022/11/27   マダイ 久里浜港 五郎丸
      2022/11/06   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2022/11/27
マダイ 久里浜港 五郎丸
11月27日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸からマダイに出撃してきました。

先週、W五目やって下船後、マダイ船で最後の1時間イシダイが入れ食いとの話で、そろそろ本格的になる季節だよな。まぁやってみないとナントも言えませんが、今週はイシダイ狙いでマダイ船に乗船することに。昨日土曜日は日中本格的な雨で南西風も強まる予報だったものの、風なんかナンモ吹かずに雨も午前中ちょろっと降っただけ。これだけ予報技術が発達しても翌日の天気すらまともに当たらないんですからね。逆に今日は穏やかな晴天のはずだったものの、北風が強めに吹きそう。潮は中潮の2日目で朝8時前に満潮、その後下げて、13時前に干潮と潮変わりが2回あるので、その辺りの潮具合がキモになりそう。



いつもの時間に釣友と2人で到着すると釣友はW五目でお客様5名くらい、本船はお客様7名で右舷ミヨシに私でお隣が状連O氏、左右トモに前にアカムツで知り合ったお客さんで右舷3名、左舷4名の配置。ムツ五目は4、5名様でしょうか?まずまずのお客の入りで本日は全船操業。7時前に出船して港前で少し待機すること定刻7時を迎えることいざ発進。真沖に進んでアシカ島を超えて、航程7分、笠島の黄色ブイの下手で減速。場所が決まると7時10分、第1投。北の風やや強く晴れ、体感で風速9〜10m。水の色は海面は澄んでますが、すぐ下から色着いた水で濁り気味。水深47mで指示ダナは終日下から10m。思ったより上げ残りの潮が効いており、筋が合わずにすぐに周り直し。



今度は50mから入れて徐々に浅くなる流し。7時20分、右舷トモ氏が早々に2キロ半くらいの良型マダイ。7時30分、左舷ミヨシ氏に船中初イシダイ。潮先なので今釣らないと!?と焦り気味になりますが、なかなかアタリ出ず、7時50分、ようやくアタリが出てくれて、ちょっといいかな?と思ったら、後の計測で27cmと28cmのやや小振りなのが2枚着いてました。潮加減は狙い通り最高なのですが思ったようにアタリ出てくれません。う〜んダメかっ。8時を回ると上げ潮も止まり気味になってしまい万事休す。狙いの上げ残りで型出しただけ良しとしましょう。



8時15分、回収指示で南寄りに走って東電前。水深36mから。左舷2番氏に良型イシダイ。しかしアタリ単発。周り直して今度は右舷胴の間のO氏にも良型イシダイ。左舷トモ2番さんがキロ超のマダイと周り直すと何かしら1枚上がるのですが、アタリが続かずモグラ叩き作戦となり、小移動しながら35m中心に40〜27mの範囲を探っていきます。下げ潮が殆ど流れないので魚の活性も上がらないようです。水深28mの場所で久し振りのアタリを捉えましたが魚が小さい!回収すると28cmのハナダイ。下浦の本命ポイントには居なくなってしまったようですが、まだこんなトコに居たんですね。



9時半ごろから風が強くなってしまい体感で13m超。海がぶっ壊れ始めてプチシケ状態。まともに立って居られず、上下動激しく仕掛けも安定せず、よろめいて左脇腹を傷めしばし戦意喪失。まともにできん!ダメだこりゃ!しばらく我慢の時間帯、だんだん納まって来るとは思うのですが。出船時の船長の指示はハリス4号か5号で長さは6mか7mということだったのですが、3号8m統一で作って来ているので、朝イチから仕掛けは変えずにタナは11mでやってます。こんだけ海悪いとハリス長めの方がいいと思うのですが、ちょっとヒド過ぎて、こんだけ揺れるとハリスの長さなんて些末な話なのかもしれません。釣れる気がまったくしないもん。



東電前からアシカ島の下手一帯、一通り探ってみましたが特に釣果上がらず。11時10分、朝やった笠島ブイの南東面に戻ります。水深46m前後。風がだいぶ収まってやり易くなり。おっと、下げ潮がトロっと動き始めたかと思った次の瞬間、トン、ト〜ンと竿が絞られて30cm超のイシダイ。この時間、完全に時合のようで、ナント3連発でイシダイゲット。型は30cm前半中心で中型が多いですが、回数アタリ続くと燃えますね。ところが4回目のアタリは掛かりドコが悪かったようですっぽ抜け。あぁついにやってしもうた。回数アタリ出るとこういうのたまにはありますよね。なかなか全部モノにするのは難しい。



下げ潮でド潮ケツなのに何故私にアタリが出るのかさっぱり判らず、何なんでしょうね。食いが止まったので、再び下手に移動しますが、1、2回入れるもアタリ無く、走っている時間の方が長い感じで、結局、再び笠島ブイの南東面。水深43〜47m。今日は潮時表通りに潮が動いてくれて、少し上げ潮っぽくなった13時10分、トン、ト〜ンと来て中型イシダイ。これで6枚目。空回収もありますが、アタリけっこう出てくれてあっという間にウマヅラ挟んで3枚追加。これで8枚目と絶好調。今日はフグの被害は少な目で針盗られたのが2回あって釣れたのが2尾だけ。フグ釣れた場合、ハリスに傷が着くことが多いので、自信無ければ結び直しが吉。



この時間、すっかり風も止んでくれて海上ナギ、おまけに終盤上げ潮が来てくれて、こんだけアタリ出てくれれば申し分無し。ミヨシ席がド潮先となり、周りの皆さんにもアタリは出ているようですが、圧倒的にアタリの数が違います。今日はマダイがまったくアタってくれませんでしたが、もともとイシダイ狙いなので作戦大成功。出船前に船長にイシダイ釣らせて!ってお願いしたおかげかどうか分かりませんが、今日は航路下のポイントには行かずに一日手前の根回りで粘ったのが奏功。マダイは船中3枚まで確認しましたが、右舷トモ氏と左舷トモ2番氏でいずれも1キロ〜2キロ半くらいの良型。



最後の最後、13時55分、今日イチのアタリが出てガッツリヒット。仕掛けが何枚も釣った使い古しなので多少の不安はありましたが、ナントか海面に浮上したのは、本日自己最大のキロ超のイシダイで9枚目。針飲まれたのでハリス切って、う〜んどうしよう。14時2分前でほぼ終了時刻だし、針結んでもう1回入れたらまたアタリそうな雰囲気はあったのですが、少し迷った結果、釣果十分によりお片付けに入りました。私が片付け始めちゃったの見て14時回ったところで終了。最後もう1回入れれば10枚行ったのに!と後で船長に言われちゃいました。



【本日の釣果】
イシダイ9枚(38cm/1.04Kg、32、31、30×3、29、28、27cm、船長にお願いした甲斐があって中型主体に数が出てくれました。)、ハナダイ1枚(28cm)、ウマヅラ1枚(40cm)、以上の持ち帰り。その他、サバフグ、ショウサイフグ、小アジ数尾は放流。マダイのアタリは判る限りはありませんでした。

【船宿釣果情報】
久里浜沖35〜46m
マダイ0〜2枚(船中7枚) 0.6〜2.5s
イシダイ0〜9匹(船中17匹)
その他、メジナ・クロダイ




写真は船宿HPから借用。



イシダイの茹でキモポン。イシダイのキモをチリツモで集めて茹でキモポン。お腹の中ギッシリラードでしたが、キモは脂は無く、コリコリした食感で、いつもとはまた違った食感で珍味でした。



ハナダイの湯引き刺身。当日、食べるモン無いのでハナダイを湯引きで賞味。お腹の中、真子が少しだけ残っている状態で、完全に終わりですね。

- Topics Board -