K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2018/10/14   ハナダイ 久里浜港 五郎丸
      2018/10/06   ハナダイ 久里浜港 五郎丸
2018/10/14
ハナダイ 久里浜港 五郎丸
10月14日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸から、ハナダイに出撃してきました。

今週は家庭の都合で日曜日に釣行、釣友も合わせてくれて2人で出撃となりました。ここんとこハナダイの調子は上向きでトップ50枚超えの日も聞かれ、そろそろ2桁釣果を期待したいトコです。日によって模様がコロコロ変わるので、まぁ行ってみてどうだか、頑張って来ましょう!お天気の方は秋雨前線のさじ加減で曇ったり降ったり、天気予報も精度が上がるのは前日くらいといった状況。予報が変わって日曜日は朝から昼頃まで雨予報となりました。先週は鬼のような暑さに見舞われましたが、気温が10度下がって雨だと服装もそれなりの装備となります。



いつもの時間に到着すると、まだ船が上がっててお客さん乗船待ちの列。先に店でお会計を済ませ、訊くとお客11名だそうです。氷の手配も済んでいざ乗船。船長の采配かな?なんだか上手いこと捌いてくださって、左舷6名、右舷5名で右舷の1番と4番を空けて下さったので、お言葉に甘えて私は右舷ミヨシ1番、釣友が4番(トモ2番)に釣り座を頂きました。お隣はTさん、真ん中にIさん、そして釣友と、右舷は全員顔馴染みの常連さんばかりで、今日も一日楽しくやりましょう!



7時に出船すると東電防波堤を面舵に回りいつものコース。下浦のハナダイ場に直行です。ハナダイが好調なのと、東電前のアジ場が現状、サバフグの産卵でアジ釣りにならないそうで、乗合の看板も「ウィリー五目」から「ハナダイ」に。違いは色んな場所でいろんな美味しいお魚を狙うか、ハナダイ場で一日ハナダイ狙いで頑張るか。釣り的にはハナダイ1本の方がヘビーですが、道具の使い分けが要らないのと、仕掛けもバリエーションが要らないので支度は楽です。後はアタリ無くてもシャクり続ける覚悟ですかね。



7時23分、スローダウン。何度か旋回して位置取りが決まると7時28分、第1投のアナウンス。いつもだと底から3〜10mの指示が出るんですが、今日は底まで下ろさないで32〜25mの間との指示。下まで下ろすとサバやらフグやら邪魔者増えるのと、ハナダイが活性高くてけっこう上目のタナで食うようです。開始2投目で早くもアタリ、無事30cmクラスをゲット。ちょっと間が空いてバラシを挟んで2、3、4、5と連荘。底まで下ろしてないけど水深いつも通り37、8mだとすると食いダナはやっぱ上目で28m中心に前後1mくらいでアタリ出ます。最上25mでもアタリ出ました。



北北西の風やや強く雨。東っ気が入って無いので海は悪くないです。雨はそんなひどくなく、これくらいで済めばまったく問題無し。中潮の最終日で満潮が8時半頃、その後下げに入って13時頃が干潮の予報。水色は澄んでてコレは食うでしょ!!朝イチは上げ残りなのかな?なんだかオレの時間みたいでバタバタっと開始40分で7枚ゲット。この調子で行ったらヤバくね?この調子で行くわけないでしょ!!



1時間経過した辺りからアタるにアタるんですが、バレる魚が多くて地団駄。朝イチと明らかに口の使い方が違う感じで、それもけっこうやり取りして半分以上巻き上げたところでゴリっという感触でバレます。とにかく掛けるんですがコレの連発で一気に減速し低迷モード。それでも9時10分、待望のツ抜けを果たし、最低の目標は達成。その後も気配続いたり生体反応無くなったりの繰り返し、魚回ってくるとアタリだけは出るんですが、なかなか船に上がらない。掛かり浅く水面バラシもあり、そもそもコマセ効き過ぎなんじゃないかな?



船の下にロープが浮いてるみたいで根掛かり続出となり1度回り直し。10時前後にバタバタっと来て15、16、17枚。その後、ナント3連続巻き上げバラシで足踏み状態。10時半、ようやく魚が船に入って18枚。11時前くらいからアタリ自体が激減してきて、空シャクリの連続。お隣常連Tさんは流石の年季でそんな中ポツンポツン型を出してますので魚は居るんだよね。オレもまだまだだな〜。シャクリ幅とかスピード、止め時間とか色々変化つけてみるんですが効き目無し。空はだいぶ明るく、しつこかった雨もそろそろ止みそうで帰りにはカッパ脱げそうで良かった。



アタリが多い日はコマセの消費量が増えてしまい、お代わり頂いたりしている割に釣りは苦戦。11時半、19枚目を上げたのを最後に20枚を目指しますが、アタリ出てもスレちゃって掛かんない。おいおい午後は掛かり損ないとバラシのみで追加無しかよ!?周りの皆さんポツポツ食わせてたんでコレはおかしい。潮ケツと言えば潮ケツなんですが、それにしても自分の問題なんだろうな。コマセ使い切っちゃって一足早く13時25分に自主納竿。船自体も少し早目の13時45分で沖上がり。船長に19枚で報告しましたが、ウチ帰ったら20枚居ましたよ〜っ!ハナダイで数え間違えるなんてあんま無いよね、なんかウレシイ。



【本日の釣果】
ハナダイ20枚(36、33×3、32×3、30.5、30×2、29・・・26、23cm)20枚中10枚が30cm超でした。塩焼きサイズが1枚、これはこれで有難い。イナワラっぽい瞬殺が2回、カイワリっぽいのが水面間近でハズれたのがあったくらいで、外道は無し。

【船宿釣果情報】
下浦沖 40m、水温=23.0℃、水色=澄み気味
ハナダイ= 26 〜 37 cm ・ 7 〜 28 枚
2番手26枚・ツ抜け9名・船中178枚、他にカイワリ・クロダイ・イナダ
竿 頭 = 大和市深見西 ・ I氏
「 vs ハナちゃん戦 」から開始。 今日も早々にアタリが出始めて、goodな雰囲気でスタートしましたが、チョ〜っとご機嫌が良くなかった様で、掛かり損ね続出で途中でバレる魚も多数・・・f^_^; アタリが出る割に数がそれほど伸びず、そこそこに難しかった様ですが、それはそれで面白かったのではないでしょうか・・・!?

混雑時、潮が速い時、アジ・サバ・イナダ等がうるさい時等の仕掛けは3m厳守でお願い致します m(_ _)m 4mとか5mとか・・・使っている方もいらっしゃいますが、アッチコッチでおマツリでどうしようもなくなりますよっ・・・(;_;)



白子の塩焼き。この釣果だとどっさり採れるんですがチョットだけよ!小振りでキレイなの少し選んで禁断の珍味。



ハナダイの湯引き刺身。当日はお決まりのこコレ。脂あって、皮めに旨味があってウンマイ!!鮮度がいいから切り口のエッジが立ってるでしょ。あぁ、そういえばそろそろ包丁砥がなきゃ料理人に怒られそう。



ハナダイのヅケ丼。月曜の朝です。今回はアジは釣れず、ハナダイオンリー。よって、自然の流れでヅケ丼ネタはハナダイ大盛り。文句無しにウマイ!!先週、ハナダイ茶漬けにしてた娘もご希望をお伺いしたら、今週はヅケ丼だそうで・・・。



ハナダイの塩焼き。一番小型のハナダイ、塩焼きにしてくださいと言わんばかりのサイズ。まさにドンピシャ、脂も旨味も香ばしさも文句無し。サイコーです。



ハナダイの炙り刺身。定石からして翌日は炙りですね。ここんとこ毎週のように食べてますが、これがけっこう飽きずにバクバク行けちゃいます。料理人は湯引きよりこっちの方が好みだそうです。まぁ、どっちも良さがあると思います。ちなみに炙るのは私の担当。



ハナダイうどん。火曜の朝です。ハナダイのあら出汁うどんはよくやりますが、ハナダイの切り身をちゃんと塩焼きにして乗せてるので香ばしくて食べ応えもあって料理的には充実感アップ。相変わらず優しい出汁で美味しい。



ハナダイのカルパッチョ。湯引き、炙りと続いて、まだ生で行けるよね!ってことで、今夜はカルパッチョ。味付けはシンプルに岩塩、粗挽きコショウ、ライム、オリーブオイル。間違いないっす!



ハナダイの洋風出汁。ハナダイのあらにセロリ、ローリエ、サフランを加えて洋風の出汁を採ります。



ハナダイのリゾット。水曜の朝です。リゾットは上の洋風出汁と味付けは塩のみ。あえて粉チーズは入れずにあっさりながらもハナダイの旨味が引き立って美味しい。ハナダイのソテーをトッピングして、これがまた皮目がカリっとして塩気があるので、バラしながらリゾットと一緒に食べると朝から贅沢気分。

- Topics Board -