K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2019/06/02   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
      2019/05/18   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2016/11/05
ハナダイ 久里浜港 五郎丸
11月05日(土)、定宿、久里浜港は五郎丸からハナダイ乗合に出撃。

目下、好機の東京湾ハナダイなんですが、どーも調子イマイチで日によって食いにムラっ気多く、さすがにトップ2桁台で安定しているとは言え、食い渋ると船中ボーズも続出といったキビシイ状況。

今日も釣友と横浜駅の京急一番特急車内で落ち合い、いざ久里浜港へ。
6時30分頃に到着すると、お客17名で本船9名、別船8名に分乗、私は右舷5名の一番前、釣友が左舷4名の1番前に。


出船直前の船上、本船は舳先に掛けた梯子を昇って乗り込む形態、私の釣り座は写真左下ね。


同じ港に久里浜−金谷フェリーの発着所があります。写真のフェリーは「しらはま丸」


ハナダイ釣りの道具、1.8m前後の硬めの先調子竿に小型電動リール、道糸は3号巻いてますが4号でも可。


これが私の自作の仕掛け、ハリス2号、全長2.8mの4本針(枝素3本)、ウィリーという毛糸のようなモノを針に巻いて餌は着けずにこのままシャクっていろんな魚が釣れます。シャクリ次第で釣果に雲泥の差が付くからオモシロイ!!


定刻7時、いざ出船、陸に見える3本の煙突は東電久里浜火力発電所の目印、久里浜から場所まで南西に進みます。


下浦沖の水深38m前後、開始1投目で28cmくらいの1枚ゲットしたが、その後がサッパリ・・・汗。


朝方の曇りが晴れてポカポカ陽気なのはいいが、魚の活性が!?途中、生体反応皆無の修行モードへ!
後半になってもお隣さんまだ魚の顔見てないから、こっちがハラハラ。


別船もなんだか活気が無いぞ〜!着かず離れずこんな位置取りで・・・。

ちなみにコマセの桶にはアミコマセ(お代わり自由)&ビシはサニービシFL60号、潮が速い時はもっと重たくします。


潮の関係で左舷のトモ寄りはけっこうアタリあるみたいなんだけど、ミヨシ寄りは釣友も私もアタリ出ず。
向こうに白い建物が見えますが、アレが三浦海岸のマホロバ・マインズ。


午後は上着脱いでも暑いくらい、海は完全に潮流が無くなってマッタリモード。

おいおい、そのまま何事もなく、定刻14時を迎え撤収!!マジでキビシイ一日でしたよ〜。

後半、1枚偶然ヒットして本日の釣果、ハナダイ5枚 25〜29cm、外道にヒラソーダ 35cm、カイワリ 20cm でした。
さて、全体の結果は・・・本船右舷前から5枚(私)、0枚、6枚、0枚、1枚、左舷前から4枚(釣友)、8枚、15枚、15枚で0〜15枚でした。
水の色は悪くなかったんだけど、下げ潮で若干濁りが入ったのと、一日底潮がほとんど流れず、アタっても左舷トモに集中した印象でした。





当日はコレで決まり!ヒラソーダのお刺身、まずまずの型だったんで、皮目の脂が白く見えるでしょ、バカウマ〜!
コレばかりは自分で釣って来ないと120%食べれません。(東京湾ハナダイも流通してないんで同じなんですが・・・)

- Topics Board -