K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2018/02/18   番外編 最強の枝素結び?
      2018/02/06   番外編 デジタル魚計量器
2017/12/16
ハナダイ 久里浜港 五郎丸
12月16日(土)、定宿、久里浜港の五郎丸からハナダイに出撃してきました。

先週、私はマダイ船に浮気したものの本命食い渋く、海も荒れて早上がり。本命の顔は何とか拝みましたが、何しろ条件が悪過ぎ。ここんとこ毎週大風の中での釣りを強いられています。別船ハナダイ船に乗った釣友はハナダイ6枚、シマッコロ数え切れないほど釣ったそうで、今週は手遅れにならないうちにシマシマをゲットしに行ってきましょう。ハナダイは水の色が良くならないと食いそうにないんで、確信犯でイカタン仕込んで、頭ん中、完全に白黒の2色しかありません。



いつもの時間に到着すると、ハナダイ船はナント乗客我々2名のみで貸し切り船、お隣、仁助丸は常連さん達によるイナダの仕立船だそうで、先週の感じからして大漁間違いないでしょうね。朝、起きてネットで風見たら剣崎西南西15mとか出てたんで心配だったんですが、久里浜は北風で海も大丈夫そう。定刻7時に出船して沖に出るとやっぱ大丈夫だわ、ウソみたい。ただし、予報によると遅かれ早かれ寒冷前線ができちゃってどこかの時間に接近すると思われるので、昼まで持てばイイトコかもしれません。



7時20分、下浦沖の定置網の手前でスローダウン。位置取りが決まると早速第1投。北の弱風で晴れ、海上予想に反して良いナギです。大潮の2日目で干潮が朝9時頃、その後上げ潮に変わる予報。水色は海面は澄んでるんですが、下の方が緑っぽい色が着いちゃってよろしくないですねぇ。コレじゃハナダイの活性は上がらないでしょう・・・ってことで、目論見通り、空針仕掛けにイカタンの餌釣りでシマッコロ狙い。大きくなる魚、小さいうちに数釣ってしまうことの見解は以前に書いているのでここでは割愛します。



開始3投ほど私も釣友もアタリ皆無でイヤな汗が出そうだったんですが、前日定休日で餌撒いてないから、集まるのに少し掛かるんじゃね?とか言ってたら3投目でようやくシマシマ独特のアタリが出てくれて、いきなり3点掛け。居るじゃんよ〜!!しかし、ちょっと型が細か過ぎ!?あと一回り二回りあるとウレシイんですが、選べないからしょうがないなぁ。タナは低めから高めまで(底から4〜11mくらい)何処にでもいる感じですが、船が動いてピンポイントをハズれると急にアタリが遠くなります。



開始1時間ちょいでご覧の状態。ツ抜けしたねぇ。ちょっとサイズが・・・。しっかし、海上ほぼ無風でベタ凪もいいとこ。嵐の前の静けさ?なんだか気持ち悪いくらい晴天無風で、いつもの格好してると暑いくらい。1枚脱ぎたくなります。潮止まり前後で少しアタリが出なくなったんですが、10時頃になると上げ潮で活性上がって再び数釣りモードに。最初含めてトリプル2回、ダブル5回くらい?だいたい17cm内外の小型ですが、これだけ釣れればチリツモでけっこうおかずになりますよ。



ちょっと重さのあるいいアタリ来たと思ったら引いたのは最初だけ。何?お〜っ、小振りですが高級魚のマハタくん。これはウレシイですねぇ。ハナダイはそもそも釣れる釣り方してないのでアタリも無し。釣友がウィリーで辛うじて1枚顔見ましたが、気配的には薄いです。如何せんこの数週間、この色着いた良くない水が抜けないから好転しません。一瞬、西の方からフワッと風を感じたのでヤバイなと思ったが、収まってくれて船首は北向きに。15cm無さそうなのはリリースしたもののこの時点で45枚確保。11時30分、船長から回収の指示。何処行くのかな?



回収のアナウンスと同時についに来ちゃったよ南西の突風。沖合の47、8m立ちで再開しますが、一瞬でシケ状態と化し、まともにやっていられません。風強過ぎるから上げちゃって。違う場所行こうって、12時ジャスト到着したのは東電下の定番ポイント。水深24、5mの浅場。こちらも似たようなもんで、ほとんど立って居られない状態、すぐアタリが出て20cm未満のマダイ、これはリリース。その後、もう1発アタリが出て、立つと危ないので座ったまま抜き上げたのは37cmのデカアジ。どう考えてもこれ以上は危険な状態なので、客ウチらだけだし止めるべ!12時15分、痛恨の2週連続早上がり。この季節、このパターン多いんですよ。



ほぼ体感通りのデータです。11時半から来始めて強くなる一方。お昼過ぎには海ぶっ壊れてました。



【本日の釣果】
シマッコロ(イシダイの幼魚)45枚(15〜22cm)、マハタ1尾(28cm)。マアジ1尾(37cm)、イナダ1本(48cm/1.3Kg、仕立船サブちゃん船長からの差し入れ、太ってて体長の割りに重量ありました)。シマシマ釣りに専念したので、ハナダイはアタリも無し。



シマッコロの頭で出汁。頭開いてエラだけ除去して出汁採り。コレが後でイイ仕事してくれるんですよ。



イナ大根。コレ先週のイナダですが、煮てしまえば何日経ってもすんげぇ旨い。柚子皮が香り立ってなんかお正月っぽいです。先週の魚はこれで完食。



シマッコロの塩焼き。いっぱいあるので、当日食べるもの無いし、2枚だけ塩焼きにしました。久々やったけど、脂乗ってて皮はパリパリ香ばしくてうんまい!!



シマシマ出汁のすまし汁。上の写真の出汁に味付けは塩くらい?う〜ん、唸るほど旨い。よかった、面倒だけど頑張った甲斐がありました。かみさんは素麺入れてにゅう麺にしてました。そりゃぁ旨いだろう。



アジのヅケ丼。翌朝です。37cmのマアジ1本全部使って一人前!3重4重のスゴイ量でお腹一杯。デカアジは脂無いんですが、ヅケちゃうとトロみが出てメチャうんまい!汁は昨日のシマシマの頭出汁。冷蔵庫から出したらブルブルに固まってましたよ。濃過ぎるんで少し割ったそうですが、それでも濃厚。



シマッコロの一口干物。小さいのから10枚選んで(大して変わりませんが)、一口干物に。日本酒10%の水に対して塩7%で漬け時間は45分。真水で良く洗ってから水気を切って干します。干して縮んで焼いて縮んでホント一口。皮目がパリパリ脂浮いちゃってるでしょ。塩加減もバッチリ、うまいっすよ。



チャンキーっていうイタリアのワインなんですが、コレはコスパ最高。値段の割に飲み口濃くてオススメできます。



イナダの刺身。塩イナダにして翌日です。頂いておいて言うのもなんですが、血抜きしてないのよ。なもんで、包丁入れた瞬間、台所殺人現場みたい(って、いやいや現場知らないですけど!!)。塩イナダにしたんですが、お刺身の賞味期限は本日限り。明日はもうNG確定。残りはヅケ丼で朝食べ切っちゃいましょう。

そうか、分かったぞ!塩イナダは脂乗ってない時期のイナダを美味しく頂くには魔法のような効果があったんですが、脂乗ってきたら、塩にしないでそのまま当日から食べちゃった方がいいのかもしれません。実際、脂乗って来てからは塩の入りが甘くなって魚体があまり縮まなくなったんで、そう考えた方がいいのかも!?何事も経験ですわ。



シマシマ出汁の野菜スープ。シマッコロの出汁で野菜スープにしたらジャガイモが溶けてしまってポタージュスープみたい。シマシマの出汁と野菜の旨味が出て優しくて濃厚なスープになりました。



イナダのヅケ丼。・・・ってことで、翌朝は家族全員コレにてイナちゃん完食。ヅケちゃえば大概の品物は美味しですよ。しかし、食べながら今晩は生じゃ無理だな・・・。ただでも脂あるイナダは賞味期限短いですが、血抜きしてないから翌日までがいいとこ。



イシダイの刺身。2日寝かせて解禁、これでシマッコロ3枚分。こうやって盛っちゃうと一切れは小さいですが完全にイシダイなんですよ。硬くて脂乗ってて独特の風味、コレ食べたいから釣れてるうちに釣りに行くんです。



皮の塩焼き。刺身で引いた皮を塩焼き。パリパリ香ばしくてこれで一品の肴になっちゃいます。シマッコロの皮は湯引き皮ポン、焼き皮ポン、塩焼きのだいたいどれかですね。



シマシマ出汁の湯豆腐。身は入ってません、出汁だけです。かみさんはまた素麺入れてにゅう麺にしてましたよ。シマシマ鍋は後日のお楽しみ。



マハタの炙り刺身。マハタ炙ったのは初めてかな?小振りで皮薄そうだから炙ってみようかって。皮目が香ばしく、脂はそんなに無いんですが、モッチリした食感で甘みがあってきめ細かい。やっぱさすがの高級魚。



イシダイ鍋。シマッコロ12枚使って鍋。コラーゲンたっぶり、トロトロ鍋。うまいっす。



イシダイの刺身。コレでまずまずのヤツ3枚分。5日寝かせて、脂回ってますが、身がまったくヘタレない。まだコリコリ感を持続するとは驚異的、イシダイの実力。



焼き皮ポン。皮は素焼きにしてポン酢にしました。パリパリ香ばしくてうんまい!



鍋出汁うどん。イシダイ鍋の出汁で翌朝はうどん。身が二切れ残っててラッキー!濃厚コラーゲン出汁にうどん、雑炊もいいけど麺も旨いっす。



イシダイ雑炊。鍋の出汁がまだあるっていうんで、翌朝は雑炊にしてもらいました。これでご飯茶碗軽く2杯分。これにて今回の分は干物以外は完食かな。

- Topics Board -