K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2019/09/01   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2019/06/02
ムツ五目 久里浜港 五郎丸
6月2日(日)、定宿、久里浜港の五郎丸から、ムツ五目に出撃してきました。

前回は今季初ハナダイが釣れてツ抜けも達成。食ってる時間は実質1時間ちょいの短時間でしたが、アタリが多いとシャクリは楽しいものです。翌月曜日、上っ側の濁った水が下まで回ってしまった様子で釣果急降下。こりゃ水が入れ替わんないとダメかな?と様子見てたら木曜日には完全復調。今季初の船中束超えを記録。そんな状況でハナダイも好調なんですが、今週はなんとなくムツの気分で、ムツ五目で予約。



いつもの時間に到着するとナント、W五目は盛況で2杯出し。なんだか5名様グループが入ったそうで、そりゃそんだけで片舷一杯だもん、そうなりますよね。ってことで、我々ムツ五目は久々の五郎ちゃん丸で出船。乗客4名で右舷ミヨシを空けておいてくださりありがとうございます。予約したときは自分一人だったんで数名来てくれてよかった。五郎船長も乗ってますが操舵はほぼY太君。



7時に出船して、しばらく港前で待機。定刻7時15分、真沖を目指して発進。アシカ島の南面を通過し航程10分。船首を風に立てて位置取りが決まると第1投のアナウンス。指示ダナはオモリの位置で底から2mとるように。北東の微風というかほぼ無風で薄曇り。海上ベタ凪ですが水の色が悪い。濁ってるは細かいゴミが多いわ、下はそんなじゃないと思いますが。大潮の初日で干潮が10時20分頃、朝は下げ潮で後半上げ潮に変わる予報。



水深169mで着底。仕掛けが約7mなので、実質176mくらいですか。思ったより下げ潮速くはなく、途中何度か止めて道糸を戻しながら下ろせば難無く道具が立ちます。上っ側だけで底潮はあんま行ってないようです。下げ潮に乗せてだんだん深くなる流し。1流し目も終盤、185mくらいまで落ちたところで左舷トモのお客さんに本命ヒット。30cmちょいのアカムツ。いきなり出ましたね〜、今日はいいのか?



・・・と思ったのものの、後がなんにも続きません。160m〜200mくらいまでを流し換えますが、アカムツはおろか魚の気配がまったく出ず、変な汗でるぜ。そうこうしているうちに8時半過ぎると潮がほとんど止まってしまい、船の動きも悪くこりゃいかん。上げ潮待ちかな?状況好転する要因なく11時半、やや下手に走って本日最深の223mからの流し。すでに上げ潮に変わってますが物足りない潮。昼から南の微風に変わりましたね。スパンカ降ろして船首は東向きから南向きに。



徐々に浅くなる流しで215mくらいで本日初のまともな魚のアタリ。でもアタリ方がアカムツじゃないんだよ。本日初モノは30cmくらいのドンコ。何度かちょっかいは出されていたんですが、やっと針掛かり。ドンコも食い渋って、底潮はかなり冷たい模様。それもそのはず、回収時にオモリがチンチンに冷えて上がってくるもん。船長に訊いたら海面で昨日より2度下がってるって。そうでしょ〜、シロムツがアタんない潮はダメよ。



1時間ちょいやって船中ドンコが2、3尾?12時50分、再び真沖に戻って150m〜190mで何度も流しましたが、まったく魚の気配が出ないまま、一発狙って最後まで頑張りましたが、14時25分、沈〜。結局、船中、朝の1流し目に出た1尾のみ。他シロムツ1尾、ドンコ5、6匹?食わないとなったらテコでも食わないの典型的な一日となりました。何度もやってればこういう日もありますわ。次回釣れる確率が上がったということでプラスに考えましょう!

【本日の釣果】
ドンコ1尾(30cmくらい?)、以上。ドンコのちょっかいは数回ありましたが、まともな魚のアタリは一日やってコレ1回のみ。

【船宿釣果情報】
久里浜沖・150〜220m、水温=21.0℃、水色=薄濁り
アカムツ = * 〜 32 cm ・ 0 〜 1 尾
他にシロムツ・ドンコ
25日(土)より乗合い船で出船しております m(u_u)m
竿頭 = 横須賀市森崎 ・ A氏




ドンコのなめろう。唯一の魚は当日、なめろうで賞味して今週はこれで完了!

- Topics Board -