K's Fishing Blog

      >>> 最近の5件
      2019/09/01   ムツ五目 久里浜港 五郎丸
2016/07/30
ウィリー五目 久里浜港 五郎丸
先日、父親が病気で他界しまして、なんやかんや4週間釣りお預けになってしまい、やっと今週から復帰できましたよ〜。

7月30日(土)定宿、久里浜港五郎丸からイサキ釣りに出撃。

定刻7時、お客片舷3名の計6名、右舷ミヨシ1番に私、真ん中に友人、その他全員手慣れの常連さん揃いでいざ出船。

今朝は風も無く、陽が出るとクソ暑くて隠れる場所も無い。こういう日は熱中症要注意。
場所はいつもの三浦半島剣崎沖の吉野瀬、水深24〜28m、すでに形成されているイサキ船団に合流して開始。
今日はやや船少な目?どのみち、8月に入ると、松輪の船がキハダマグロ始めるんで、余計に船が空いて、

うちらイサキ船は釣り放題モードに突入するのが8月、これからの1ヶ月は日によって上下はあれどもハズレはまず無いのが通例。
ちなみにここ剣崎沖は8月一杯で終了、9月から禁漁になります。

1投目で裏側でやってる達人Sさんにアタリ。さすが、仕事早いなぁ。
数投入れ替えると、私にも本日初アタリ、小振りだが本命くんのお目見え。それを皮切りにアタリポツポツ続くけどちょっと難しい感じ。
今日はタナが低めで海面から20〜16mくらいかな。

とか言いつつも10時半には54尾。もーおかず的には十分なんだけど、魚が細かいので嵩があんまないなぁ。

前半、ワラサのウバ食い(掛かったイサキに食いつかれて瞬殺切れ)が船中7、8回。
先日、ウリンボの泳がせ釣りで、4.6Kgのワラサ上げたお客さんがいたんで、たぶんそんなところでしょう。

今日は誰も悪戯しないで、さすが、手慣れの常連さんワラサには目もくれず真面目にシャクリ一辺倒。

後半、食いが遠のいたり続かなくなったり、タナがコロコロ変わったり、群れが落ち着かない感じで決して簡単な釣りじゃないですよ。

仕掛けがピンポイントにイイトコ入ると、4尾掛け、5尾掛け(パーフェクト)もあるんですが、アタリは続きません。
きっとワラサやカンパチなどのデカイ魚に追っかけられてるのが原因でしょう。

14時そろそろ納竿、なんやかんや言って最終的にはイサキ93尾、マルアジ8尾、マアジ1尾と併せて束釣り(3ケタ釣果)。

今日は小振りが多いんで、翌日は家ん中、干物工場になりそう。帰ってからが大仕事だ!

さすが、今日は勝手知ったる常連さん揃い、船中6名で105、100、93、90、84、75という結果。スンバラシイ。

帰宅後、他船の情報確認したところトップ70に達しない船がほとんどの中、驚異的な偏差値を達成してきました。

【釣果】
イサキ 17〜24cm 93尾、マルアジ 23cm前後 8尾、マアジ 1尾





当日は小振りの魚選んでお刺身、脂スゲ〜。


ウリンボを半身に下して一口干物の漬け中、立て塩(水1リットル(水900+酒100)、塩7%で70g)で40分漬けます
立て塩は如何なる場合も変えずに、魚の大きさや脂の乗り具合によって漬け時間のみで調整、経験と勘です 脂浮いて水面が白くなってるでしょ、ウマそ〜!


翌日のお昼は干物も干し終わってマルアジのヅケ丼、コレまたサイコー!味噌汁はイサキのあら出汁


ウリンボの一口干物が焼けました、焼くとさらに縮まってホント一口サイズ


翌日の夜は中羽のお刺身、例年中羽はあんま脂無いんですが、今年はコロコロしてて脂スゴイっす


月曜の朝はイサキのヅケ丼、マルアジもいいけど、やっぱイサキの方が上品ですねぇ

- Topics Board -